【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年新春インタビュー(19)−谷平興二延岡観光協会代表理事

本紙掲載日:2018-02-08
3面

進むべき5本の柱まとまる−延岡は一流で一級品の観光地

−−どんな年になりそうですか。
【谷平代表理事】ニニギノミコトと西郷どんの「時空を超えた奇跡の出逢(あ)い」が中心になると思います。就任6年目にして進むべき道がはっきりと決まりました。神話・食・アウトドア・内藤家の城下町・旭化成の産業遺産が5本の柱としてまとまりました。
実は延岡は、一流で一級品の観光の聖地。私たちが気付かなかっただけです。特に神話に力を入れます。高千穂町に年間150万人の観光客が来ます。しかし、ほとんど高千穂から熊本・大分に行ってしまいます。何としても、そのうちの50万人には延岡・日向にまで来てもらいたいのです。
三重大学の宮照雄先生が「高千穂に降臨したニニギノミコトが延岡でコノハナサクヤヒメと出逢い、ひ孫の神武天皇が日向から東征した。天皇家の祖は実は延岡で暮らした」とおっしゃっています。高千穂の天孫降臨と日向の神武天皇東征のことは誰でも知っています。あとはニニギノミコトが延岡でコノハナサクヤヒメと出逢い、結婚、そして海幸彦と山幸彦が生まれ、山幸彦の孫の神武天皇が育った延岡での100年間がはっきりと決まれば、神話ロマン街道「命道(みことみち)」が完成します。県北観光の大動脈の完成です。わくわくドキドキ、観光延岡大爆発の年になりそうです。
ニニギノミコトと西郷どんの時空を超えた奇跡の出逢いが、宮先生のおっしゃる「宮崎県北は日向神話の本舞台」を証明してくれると大いに期待しております。

−−今年の決意、抱負を。
【谷平代表理事】五つの柱のうち食は延岡市がバスク化構想として大きく取り組んでおります。アウトドアはノベスタが日本全国から人を呼び込んでおります。旭化成の産業遺産も世に誇るもので、創業者の野口遵翁は今でも世界の大実業家であります。内藤家の歴史・文化遺産は歴史資料館を兼ねた内藤記念館がもうすぐ出来上がります。天下一能面を使用した薪能は、日本一を名乗ってもよいと思います。内藤記念館完成の時は、こけら落としに日本一の茶会と花物語の会場で夜桜をバックにした水上薪能をやりたいなと、勝手に夢を描いております。
現在、五つの柱それぞれに頑張る集団、組織、人がいます。縦横いろいろな形で有機的に結び付いて、他の地域には絶対にまねのできない、類を見ない観光地が花開こうとしております。今、延岡にはすごい人たちがたくさん来ております。西郷どんの林真理子さん、すしの神様すきやばし次郎さん、世界一の料理人マッシモさん、明治天皇のやしゃご竹田常泰さん。普通は「呼んだから皆さん来てくださったと思いますよね?」。しかし私にはどうしても、「愛してやまないふるさと延岡が呼び寄せている」としか思えません。
6年間、元気延岡復活を夢見て観光の最前線で戦ってきた者として私は、人々を引き寄せる見えざる大きな力を今の延岡に感じております。「百万人大作戦(年間100万人の観光客を誘致し300億円の経済効果)」も現実味を帯びてきました。

−−延岡花物語が始まりましたね。
【谷平代表理事】観光客に来てほしいと始めた初めての事業。大きな意義を感じています。会場はただの堤防と河川敷ですから、容易なことではありませんでした。「ふるさと延岡にご恩返しをしたい」という松田庄司さんらコノハナロード市民応援隊、そして草刈りなど、この10年間、延べ1万人にも及ぶ市民の皆さまのご協力のおかげです。目玉はこの花ウォークでのバルーン(熱気球)による空からの花見、なりきり西郷どんとの出会いの聖地観光バスツアーです。10万人の人出を目指して頑張ります。

−−大河ドラマ「西郷どん」の効果に期待が高まります。
【谷平代表理事】天から与えられた最大のチャンス。一番の目玉になります。北川町俵野に宿陣した西郷隆盛を、政府軍は2日間攻撃しませんでした。なぜだろう?それまでにもニニギノミコトの御陵墓があったからだとの仮説はありました。西郷隆盛のひ孫の西郷隆夫さんは来られた時、「本当の話ですよ。私の父はいつも話していました。『延岡に足を向けて眠れない。延岡のおかげで城山まで帰ってこられた』」と。その時に小野彦治さん宅にも寄り、そこで偶然にも深江権太郎の西郷従軍記という小冊子が出てきました。そこにははっきりと「ニニギノミコトのおかげで助かった」と書かれていました。〃杉本仮説〃が歴史的事実になった瞬間です。
MRTテレビでも全国1時間特別番組として奇跡の出逢いを放映予定です。楽しみにしています。

−−市民の皆さんに何かありますか。
【谷平代表理事】「観光協会に行こう。来てほしい」ということです。「どこか行く所、何かないだろうか?」という時に、必ず相談してもらいたいのです。元気のべおかを目指して、一緒に頑張りましょう。

その他の記事/過去の記事
page-top