【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

備えや事前対応学ぶ

本紙掲載日:2018-02-07
8面
柳原志保さん(右)の講演で災害対応について学んだ参加者
個人6人、小中学校6校に表彰状が贈られた

延岡市PTA研究大会

◆南海トラフ地震などの災害から

 第22回延岡市PTA研究大会はこのほど、同市本小路のカルチャープラザのべおか多目的ホールであり、市内の小中学校PTA会員約400人が参加した。市PTA連絡協議会(清島貴光会長)主催。

 スローガンは「守ろう命踏み出そう共助の一歩」。講演を通して、南海トラフ地震をはじめとする来るべき災害への備え、PTAとしてできる事前対応について学んだ。

 講師は東日本大震災で被災し、現在は熊本県で防災士として活躍している柳原志保さん(45)。

 柳原さんは、参加者に「YES」「NO」の札を配り、正解が一つではない課題に向き合って考える力を身に付けるゲーム「クロスロード」を実施。「あなたは親です。仕事中に震度6の大地震。家族に電話するがつながりません。そのまま仕事を続けますか」

 会場の「YES」「NO」の割合はおよそ4対6。それぞれ「災害対応が仕事となっている公務員だから」「とにかく家族の無事の確認が最優先」などの理由が挙がった。

 柳原さんは「どちらも正解であり、大切なのはみんながこれを認識しておくこと。災害時に重要な仕事が発生する人もいるんです」と話した。

 このほか、「新聞紙スリッパ」の作り方を示し、実際に参加者と共に製作。家庭内備蓄なども含めて災害前、災害時に役立つ知識を紹介した。参加者は体験型の講義を通して防災に対する意識高揚に努めた。

 大会では、PTA活動に尽力した個人6人、市PTA新聞コンクール入賞6校の表彰もあり、各代表者に賞状が贈られた。

 清島会長は「いつ発生するか分からない災害への備えは大切なこと。子供たちを守るためにもより協力してPTA活動を行っていきたい」と話した。

 被表彰者、入賞校は次の通り。

【個人表彰】
大山護(東小)甲斐由美(同)田口雄一(旭中)常盤浩規(同)渡部貞陽(西階中)植林博史(北浦中)

【入賞校】
[小学校の部]最優秀賞=上南方▽優秀賞=延岡▽努力賞=旭
[中学校の部]最優秀賞=延岡▽優秀賞=東海▽努力賞=岡富。

その他の記事/過去の記事
page-top