【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元食材でおやつ作り

本紙掲載日:2018-02-07
7面
地どれの米粉を使ったお焼きを作る児童ら

三川内小中の児童と保護者

◆お焼きとホットケーキ完成

 延岡市北浦町の三川内小中学校(池野宗宏校長、25人)で3日、家庭教育学級クッキングがあり、児童とその保護者ら約20人が地元食材を使ったおやつ作りに挑んだ。みやざきの食と農を考える県民会議東臼杵地域支部(盛永美喜男支部長)主催。

 同県民会議に登録されている「食育ティーチャー」の伊東寿子さん(出北町)と高司房子さん(本小路)が同校を訪問。家庭科室で、地どれの野菜や米粉を使うお焼き、ホットケーキなどの作り方を指導した。

 お焼きは、千切り大根を水で戻して1センチ幅に。ネギは小口切り、ニンジンは千切り。混ぜ合わせた米粉と豆腐に千切り大根、ニンジン、ネギ、コーン、ちりめんを加え、フライパンやホットプレートで焼いて完成。

 ホットケーキは、米粉とベーキングパウダー、かたくり粉を混ぜ、さらに溶いた卵にヨーグルトを加えたものと混ぜ合わせて焼いた。

 2班に分かれた参加者は手際よく作業を進め、室内は食欲をそそる香りに包まれた。お焼きで余った材料を使ってコーンスープも作った。

 参加者は地元食材が生かされたおやつの味を楽しんだ。母親の美歩さん(30)、弟の真之君(6)と共に参加した河野初音さん(2年)は「おいしくできて良かった。楽しかったのでまたしたい」と笑顔。美歩さんは「親子で料理できる時間があまり取れないので、とてもいい機会。こういう料理だと子どもたちもたくさん野菜を食べてくれますね」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top