【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

1日から営業を開始

本紙掲載日:2018-02-01
2面
テープカットを行い営業開始を祝った(1日午前、延岡市川原崎町のJA延岡本店)
関係者に見送られて出発する「そらたま号」
最初の巡回地・追内公民館には営業開始から利用者が訪れた

JA延岡移動金融店舗「そらたま号」

 JA延岡(山本照弘組合長)が導入した移動金融店舗「そらたま号」が1日から営業を開始した。延岡市川原崎町のJA延岡本店で式典があり、出席者の代表がテープカットをして出発を祝った。初日の1日は追内公民館をはじめ、川島営農集会所、差木野公民館など7カ所で窓口業務を行った。

◆〃出向く態勢〃づくり推進−利便性の確保、向上目指す

 式典には同JAの役職員をはじめ、JA宮崎信連、農林中央金庫の関係者が出席した。

 山本組合長が「導入に当たり、農林中金、県信連のご指導・ご支援に感謝します。今月24日から金融店舗を再編しますが、組合員、利用者の皆さまにご不便をお掛けする訳にはいきません。移動金融店舗が多くの組合員、利用者の皆さまに喜んでいただけるよう、そして利便性を損なわぬよう努力していきます」とあいさつ。

 農林中金宮崎営業所の椛島鉄太郎所長が来賓祝辞を述べ期待を寄せた。

 テープカットの後、職員らに見送られながら「そらたま号」が正面玄関から出発。最初の巡回地、追内町の追内公民館では午前9時の営業開始から利用者が並んだ。

 このうち、同町の農業田口正義さん(86)は「ひと月に5、6回窓口に行きますが、便利になって良かった。JAも頑張っていますね」と目を細めた。

 JA延岡では創造的自己改革の一環として〃出向く態勢〃づくりを進めており、そらたま号は、同JA管内の金融店舗再編に伴う利便性の確保と山間部などの組合員と利用者の利便性向上を目的に導入した。

 県内のJAでは2台目の移動金融店舗で、普通預金の入出金、定期積金の掛け込み、通帳の記入・繰越の業務を行う。ATMは設置していない。第2、4週の水曜日は機器メンテナンスのため運休。今後はAコープの移動販売車との連携も模索し、一層の利便性向上を図るとしている。

その他の記事/過去の記事
page-top