【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

皆さんが新しい扉を開いた

本紙掲載日:2018-01-30
3面
当選から一夜明けて会見に臨む読谷山洋司氏

延岡市長選に初当選−読谷山氏に聞く

◆初年度、混乱させず新しい方向へ

 延岡市長選挙で初当選した元総務省官僚の読谷山洋司氏(53)=無所属=が当選から一夜明けた29日、延岡市役所で記者会見し、改めて当選の感想や1期目に臨む意気込みなどを語った。任期は2月6日から4年間。

−−当選の感想は
変えなければいけない」「変えてもらわんと困る」という多くの気持ち、考えが結果に結びついた。大勢の市民ボランティアが仲間・同志として活動してくれたという意味で、私の当選でなく、市民の皆さんが新しい進路の扉を開いたと思っている。

−−投票率49・68%をどう受け止めるか。
大変残念。市長選はまちの進路を決める選挙なので多くの市民に投票してほしかった。私自身の魅力、伝える力が足りなかったという悔しさがある。

−−567票差の接戦だったが
道が開かれたことは非常に画期的と思うが、必ずしもすぐに賛同は得られないとも思うので、理解と納得をいただけるよう丁寧に説明を続けていきたい。結果は、一層の精進を積まなければいけないという教訓だと捉えている。毎日を全力投球したい。

−−1期目をどのような姿勢で臨むか
特に初年度は手間をかけ、段階を踏む必要がある。例えば当初予算は骨格予算的なもので編成し、肉付け部分は順次ということになると思う。人事も段階的に行うなど、無用の混乱を生じない形で新しい方向に動いていくことが必要だと考えている。また、立ち上げられている新規事業について精査をしていく作業も必要。いろんな角度から検討しながら一つひとつ吟味していきたい。

−−急務となる人口減少対策の取り組みは
特に現役世代に働く場を提供する、生活の場として選んでもらうことにスタートダッシュをかける。効果はすぐに出るもの、少し時間がかかるものがあるが、歯止めをかけるのは容易ではないので、大至急、全方面に向けて全力で進めていきたい。
安い経費で暮らせる延岡にする。収入は増えなくても支出を減らして差し引きの手取りを増やしていく、子育てについても中学3年生まで医療費を応援することなどから、生活の場として選んでもらう。雇用の創出についても全力で取り組んでいかなければいけないと考えている。

その他の記事/過去の記事
page-top