【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

財光寺ランランラガーズ、全国大会へ

本紙掲載日:2018-01-29
9面
全国大会に出場する財光寺ジュニア陸上タグラグビー部「財光寺ランランラガーズ」

九州ブロック優勝切符つかむ−タグラグビー

 タグラグビーのサントリーカップ第14回全国小学生選手権九州ブロック大会が1月21日、佐賀市陸上競技場であり、日向市財光寺小と財光寺南小の児童でつくる財光寺ジュニア陸上タグラグビー部「財光寺ランランラガーズ」が、決勝で市浜デンジャラス(大分県)と6―6の同点で優勝を分け合い、全国大会出場を決めた。

 同部の全国出場は第9回(平成13年)大会以来5年ぶり2回目。2月17〜18日、東京都調布市のアミノバイタルフィールドで行われる。

 同部は財光寺ジュニア陸上の指導を約28年間続ける茂谷六男監督(65)が、選手の強化策としてタグラグビーを練習に取り入れたのが始まり。現在は財光寺小のグラウンドや体育館を借り、毎週土、日曜日は陸上とタグラグビー、水曜日はタグラグビーのみの練習を重ねているという。

 昨年11月に宮崎市内であった県大会で全勝優勝して九州ブロック大会へ進出。同大会でも予選リーグと決勝トーナメントの計5試合で勝利して決勝へ勝ち進んだ。

 チームを引っ張る黒木海音選手(12)=財光寺小6=は、「昨年ベスト8だった九州大会の悔しさをバネに練習を頑張った成果が優勝につながった。いつも明るく元気なところがチームの持ち味。全国大会ではパスをうまくつないで優勝を目指したい」。茂谷監督は「走力、パス回しの技術、ゲーム中の判断力が個々に優れており、指導した過去13年のチームの中でも総合力で1番のチーム。ディフェンスを強化して、ぜひ優勝を狙いたい」とそれぞれ意欲的に話した。

 タグラグビーは、ラグビーからタックルなどの接触プレーをなくした競技。左右の腰に着けたタグを奪ってディフェンスし、相手の攻撃を止める。パスはラグビー同様に前へ放ることができず、タグを4回取ったら攻守交代となる。九州大会には16チームが出場。財光寺小の児童でつくる別のチーム「財光寺ブラックスA」が8強入りを果たした。

 全国大会に出場するメンバーは次の通り。

【財光寺ランランラガーズ】
監督=茂谷六男。▽コーチ=立山裕治。▽選手=◎黒木海音(財光寺6)。○木口心花(同)。石村法明(同)。安藤愛稀(財光寺南6)。安田優希(財光寺6)。河野央羽(財光寺南6)。松尾寧久(財光寺6)。若杉悠華(同5)。菅原叶望(同)。
(◎は主将、○は副主将)

その他の記事/過去の記事
page-top