【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

風力発電機作りに挑戦

本紙掲載日:2018-01-29
6面
手作りの風力発電機を扇風機にかざして遊ぶ土々呂小児童

土々呂小で科学スクール−野口遵顕彰会

 延岡市土々呂小学校(湯浅達生校長)の6年生55人は26日、ペットボトルを使った風力発電機作りに挑戦した。

 野口遵顕彰会(清本英男会長)が市内の小学校で行う「ジュニア科学スクール」の一環。今年度は11校から依頼があり今回は8校目。平成24年に活動が始まって以来、26回目を迎えた。

 同会の生田邦昭さんと山本俊幸さんの説明を聞いて製作開始。切り口が曲がらないように、ゆっくりと、はさみ、カッターナイフを扱いながら、ペットボトルの上部を利用した8枚羽根のプロペラを作った。

 モーターにLEDランプ、プロペラの反対側に三角形の尾翼を取り付けるなどして完成。動力でモーターに取り付けたLEDランプが光る仕組みになっており、児童は息を強く吹きかけたり扇風機にかざしたりしていた。

 生田さんと山本さんは発電の仕組みや作り方、旭化成の創業者・野口遵の功績も説明。製作中は児童の間に入って、優しく補助を行っていた。

 石丸湊士朗君は「プロペラの羽根を切るのが難しかったけど、完成してうれしい。発電の仕組みも勉強できてよかった」、甲斐鈴菜さんは「貴重な体験ができました。持ち帰ったら大きさの違うプロペラを作って、発電させてみたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top