【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

リニューアル内容を発表−アミュプラザおおいた

本紙掲載日:2018-01-27
4面
アミュプラザリニューアルなどについて会見する関社長
「アミュプラザおおいた」の入るJR大分駅ビル

新たに22店舗−JR大分シティ

 JR大分シティ(関信介社長、大分市要町)は1月26日、同社で記者会見し、JR大分駅内の中核施設「アミュプラザおおいた」の開業以来初となるリニューアルなどについて発表した。3月2日をグランドオープンとし、新たに22店舗が登場。「シティ屋上ひろば」「タイムズスクエア」もリニューアルする。

 アミュプラザは、新しさや話題性、日常感、親しみやすさ、楽しさをキーワードに、これからも常に「新しいこと、もの」の発信に取り組むとし、利用者の「こんなお店があったらいいな」の声を反映するとともに、利用者に新しいライフスタイルを提案するため、大分県初出店となる17店舗(うち1店舗は西日本初出店)など新規22店舗がラインアップ。

 主な新規店舗は、全国で人気のキャラクターショップ「スヌーピータウンショップ・リラックマストア」や焼きたてアップルパイ専門店「RINGO」、デザートバイキング「スイーツパラダイス」をはじめ、スポーツアパレルやレディースLサイズファッションなど同施設初アイテムも出店する。

 シティ屋上ひろばには、教育玩具界最大手ボーネルンドの大型遊具「ぶんぶんメガブロック」が大分県内初お目見え。

 アミュプラザ1階駅前広場大屋根下に位置し、情報発信のプラットフォーム、憩いのスペースとして親しまれ活用されてきた「タイムズスクエア」も、内装デザインを一新するとともにイベント設備を追加、さらに快適で機能的な空間に生まれ変わるという。

 会見で関社長は「間もなく開業から3周年を迎える。延べ6500万人にお越しいただき、大変好調に推移している。まちなかや行政、地域の皆さまとの連携により、中心市街地のにぎわいも増してきた。これからも連携の深度化や広域化に取り組み、さらなるにぎわいづくりに努めて参りたい。3月から『第二の開業』と位置付け、新たなステージへ向かう。中核施設であるアミュプラザおおいたのリニューアルや開業イベントを行う。これからのおおいたシティにご期待いただきたい」とアピールした。

その他の記事/過去の記事
page-top