【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

救急救助現場に医師投入

本紙掲載日:2018-01-25
1面

県立延岡病院と市消防本部連携−救命率向上に期待

 県病院局は4月中旬から、延岡市消防本部と連携し、救急救助現場に県立延岡病院医師を投入することを明らかにした。病院到着前の医療行為により、地域住民の救命率の向上と後遺症の軽減を図る。出動実績を見ながら、将来のドクターカー導入を検討する。25日開かれた県議会厚生常任委員会(右松榔委員長、8人)に示した。

 同局経営管理課によると、医師投入の手順はまず、交通事故などにより重傷外傷患者らが発生したとの一報を受けた延岡市消防本司令室が、医師到着が30分以内の現場に限って延岡病院に出動を要請する。

 救命救急医が「出動が必要」と判断すれば、市消防本部の緊急車両(赤車)に医師と看護師を乗せ、救急現場または救急車との合流地点に急行し、医師は救急車内で処置を開始する。活動時間は午前9時から午後5時。年間出動件数は50件程度を見込む。

 ドクターカーは現在、宮崎市に3台、都城市に1台が導入されている。要請を受けた医師が専用車で直ちに現場に向かうのと違い、今回の延岡市での取り組みは緊急車両が医師を迎えに延岡病院に立ち寄る必要があり、若干のタイム差が生じるが、それでもいち早く医療行為を受けられるメリットは大きいという。

 同課は「県立宮崎病院のドクターカー導入に携わった救命救急医が現在、延岡病院に勤務しており、『ぜひ延岡でもやりたい』との熱意で実現することになった。30分以上の現場ならドクターヘリが対応することになり、県北地区住民の救命率の向上が期待される」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top