【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市民バス休日に試験運行

本紙掲載日:2018-01-22
3面
休日の試験運行初日は171人が利用した。写真は「南部ぷらっとバス」(日向市駅東口で)

3月25日まで利用調査−日向市

 利便性の向上を図ろうと、日向市は市内で平日運行しているコミュニティーバス「ぷらっとバス」と「南部ぷらっとバス」の休日試験運行を21日から始めた。3月25日までの日曜日と祝日に運行し、利用状況を調査して導入を今後検討する。

 「ぷらっとバス」は駅周辺を中心とした「東コース1・2」「西コース1・2」「南コース1・2」「北コース1・2」の計8路線で1日各5便を運行。「南部ぷらっとバス」は美々津町と市中心部を結ぶ路線で1日6往復している。

 いずれも市内のタクシー会社4社でつくる日向交通協同組合が市の委託を受けて運営している。市民から「休日も運行してほしい」との声が強かったことから、需要を把握するために試験運行することになった。

 市や同組合によると、昨年度の利用者は合計で約7万9500人。休日運行初日は171人(ぷらっとバス105人、南部ぷらっとバス66人)が利用したという。

 自宅のある幸脇から日向市駅前まで「南部ぷらっとバス」を利用した自営業の女性(66)は、「JRの最寄り駅まで3キロあり、タクシーも少ないので通院などで利用してますが、日曜日にあるいろいろな催し事や買い物にも使えて便利になり助かります」と喜んでいた。

 市総合政策課の広域連携推進係の担当者は「平日は高齢者の通院や買い物の利用がほとんど。より多くの市民の皆さんに休日の買い物の移動手段や、日向サンパーク温泉の利用などに積極的に活用してほしい」と話した。


その他の記事/過去の記事
page-top