【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「植物との融合」個展−虎屋サロン

本紙掲載日:2018-01-20
7面
個展を開催中の冨岡徳昭さん

陶芸家の冨岡さん植木鉢中心に

 川南町在住の陶芸家、冨岡徳昭(やすあき)さん(49)の個展が、延岡市幸町の虎屋サロンで開かれている。樹木を種から育てる会社で22年間働いた経験から考案した、植物の根を健康に保つ植木鉢を主体に展示しており、タイトルは「植物との融合」。多くの来場を呼び掛けている。1月26日まで。

 冨岡さんは神戸出身。「植物を育てたい」という思いから、当時高鍋町にあった南九州大学で園芸を学んだ後、樹木生産会社に勤めた。30歳から始めた趣味が高じて平成25年に陶芸家として独立したが、今も植物への思いは熱い。

 冨岡さんによると、植木鉢の内側に沿って根がぐるぐると巻いた状態を「ルーピング」というが、これは根が不健康な状態。地面に植え替えてもほどけず、巻いたまま太くなり、自分の根を自分で締め付けて、枯れたり腐ったりしてしまう。

 「根が円を描き始めると無限に伸びるが、植物にとって根の長さはそんなに必要ない。人の毛細血管が重要なように、植物には小根が増えることが大切」という。

 そこで冨岡さんは、植木鉢の内側に、根が巻こうとするのをさえぎる壁を作った。また、普通は底に開ける水はけ用の穴を横に設けた。穴の位置を変えた理由は「酸素欠乏で根が死んでしまうのを防ぐため。水はけというより、空気を入れるために横に作った」という。

 試作した鉢で1年ほど育てたボケは「予想通り、いい感じの根っこになっていた」と笑顔。この結果を受けて昨年から本格的に作り始めた。

 「商品の購入の有無にかかわらず、庭木について心配事があれば相談に乗ります。植物談義をしに来てください」と、陶芸家というより植物の専門家の顔を見せた。

 このほか、茶わん、きゅうす、すり鉢、どんぶりなどの食器類、イヤリング、かんざしなどのアクセサリー、カード立てなど計400点を展示している。

 冨岡さんはおおむね毎日午前9時から午後5時ぐらいまで来場予定。入場無料。開場は午前8時〜午後8時(最終日は同5時)。

その他の記事/過去の記事
page-top