【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂神社で猪々掛祭

本紙掲載日:2018-01-20
1面
イノシシを供えた神前で、笹振り神楽を奉納し、五穀豊穣などを祈願した猪々掛祭

神楽の原型「笹振り神楽」を奉納


 高千穂地方に伝わる鬼八(きはち)伝説に由来し、霜よけの神事として伝わる「猪々掛祭(ししかけまつり)」が19日、高千穂町の高千穂神社(後藤俊彦宮司)であった。氏子ら約50人が参列する中、高千穂神楽の原形とされる「笹(ささ)振り神楽」が厳かに奉納され、五穀豊穣(ほうじょう)、無病息災などを祈願した。

 猪々掛祭は、高千穂地方で暴れ回っていた荒神「鬼八」を、神武天皇の兄で神社の祭神ミケヌノミコト(三毛入野命)が退治した伝説に由来する。鎌倉時代以前から続くとされ、毎年、旧暦の12月3日に行われている。

 この日は、町内にある「鬼八塚」に新穀やお神酒をささげた後、同神社の拝殿で神事が行われた。町内で仕留められた約35キロのイノシシ1頭と大小二つの木鉢に盛られた新穀を供えた神前で、後藤宮司らが笹振り神楽を奉納。三田井地区神楽保存会による太鼓と笛の音が響く中、御幣を結んだササを両手に持ち、左右にゆったりと振りながら「しのべやたんがんさありやさそふまあどかやささふりたちばな」という「鬼八眠らせ歌」を口ずさんだ。

 伝説では、ミケヌノミコトに退治された鬼八の霊が早霜を降らせるなど災いをもたらしたため、その霊を三つに切り離して町内3カ所に埋めたという。

 その後、農民は鬼八の霊魂を慰めるため、人身御供として乙女をささげていたが、天正年間、高千穂地方を治めていた三田井家の家臣甲斐宗摂の献策で鬼八の好物だったイノシシを供えるようになったとされ、それが猪々掛祭として今に伝わるという。

その他の記事/過去の記事
page-top