【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

思い出いっぱい「楽しかった」

本紙掲載日:2018-01-19
2面
たくさんの野菜に触れて収穫の喜びを体験
若手職員手作りの温かいぜんざいを味わう受講生

あぐりスクール閉講−JA延岡

 食物と農業について親子で学ぶJA延岡の平成29年度あぐりスクールが13日、延岡市祝子町のJA延岡地域農業振興支援センターで最終回を迎え、〃校長先生〃の山本照弘組合長から受講生に修了証が贈られた。

 今年度のスクールは昨年4月に開講。「米粉でシチューつくって学ぼう農業のこと」を年間テーマに、田植えや野菜の苗植え、ニワトリと卵に関する知識などを学んできた。

 最終日のこの日は、市内の親子28家族81人が参加し、春菊やダイコン、ニンジンなどの収穫を体験した。野菜高騰の折、収穫した野菜は持ち帰れるとあって、保護者たちも大喜び。畑には楽しそうな親子の声が響いた。

 また、組織生活課の松井美都子さんが鏡餅の意味や由来について説明した後、新人職員らが手作りした温かいぜんざいが振る舞われた。

 受講生を代表して伊形小3年の三輪純礼さん(8)が体験発表。田植えや牛の乳搾り、シチューの試食、野菜収穫などの思い出を挙げ「いろんなことを教えてくれた職員の人は、すごいなぁと思います。あぐりスクールに来て楽しかったです」と振り返った。

 初めて受講した東海東小1年の市川琢斗君(7)は「ひよこに触れたことが一番楽しかった。野菜も食べられるようになりました。来年も参加したい」。母・愛子さん(38)は「農業を体験したことで自分が関わった野菜には関心が高く、好き嫌いが少なくなりました。おかげで料理も作りがいがあります」と目を細めた。

 閉講のあいさつに立った山本組合長は「卒業おめでとうございます。私も一緒に活動させていただき、皆さんの農業への関心の高さを感じることができました。スクールを通じて農業の大切さ、人の心と体を支える食の大切さを学んでもらえたと思います。子どもたちの中から将来、農業に携わる人もきっと出てくると思います。また、保護者の皆さまには、食の大切さと人の命をつなぐ農業への関心を持ち続けていただければ」と話し、成果に期待を寄せていた。

その他の記事/過去の記事
page-top