【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

うそ電話詐欺被害を防ぐ

本紙掲載日:2018-01-19
3面
署長感謝状を手にする右から佐藤さん、矢野さん(1月19日、延岡警察署)

ローソン延岡瀬之口町店−矢野、佐藤さんに署長感謝状

 延岡警察署(時任和博署長)は1月19日、うそ電話詐欺を未然に防いだとして「ローソン延岡瀬之口町店」の矢野将史さん(48)と佐藤優貴さん(23)に署長感謝状を贈呈した。

 同署によると、昨年12月26日午後6時ごろ、同店に「電子マネーの買い方を教えてほしい」と50歳代男性が来店。従業員の佐藤さんが対応すると、男性は「5万円の電子マネーを買いたい」と話したという。佐藤さんは、「購入方法を知らないのに買うことのできる上限の5万円を指定するのは不自然」と判断、店内にいたオーナーの矢野さんに報告した。

 矢野さんが詳しく事情を聞くと、男性が所有する携帯電話に「登録料金の未納が発生しております。本日ご連絡なき場合、法的手段に移行いたします」というショートメールが送信されていることが分かった。

 このため表示されていた電話番号に連絡すると「映画などの利用料金4万9000円くらいが未納となっております。電子マネーカード5万円分を買って再度、連絡してください」と指示されたという。

 そこで矢野さんは、架空請求詐欺であると判断。男性に「これは絶対詐欺ですよ。警察に相談したらどうですか」と声を掛け、被害を未然に防いだという。

 感謝状を受け取った矢野さんは「金融機関などに比べるとコンビニはまだまだです。従業員全体で意識して最後のとりでという気持ちを持ちたい」、佐藤さんは「いたちごっこになるかもしれないが、お客さんの行動に気をつけて対処したい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top