【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

竹村賢太さん「癒やしの刻」展

本紙掲載日:2018-01-12
7面

新進気鋭の油彩画展−ギャラリーかわなか

 新富町在住の画家竹村賢太さん(26)の油彩画展「癒やしの刻(とき)」が12日から、延岡市伊達町のギャラリーかわなかで始まった。21日まで。入場無料。

 竹村さんが絵画の世界に入ったのは21歳の時。佐土原町在住の画家清忠寿氏の作品を目にし、癒やしを与えてくれる色彩にほれ込んだという。

 その後、清氏が佐土原町で開く絵画研究所に入所。デッサンや抽象絵画を学び、全国規模の公募展で入賞を果たしている。現在は同研究所で指導に当たりながら、作品制作に取り組んでいる。

 今回は、ここ1年以内に制作した油彩画約30点を展示。日向灘をはじめ、竹村さんが幼少期に目にした海岸などを元にした心象風景画作品が並ぶ。「癒やしを感じる作品を意識して制作しました。見ていただき慌ただしい日常を忘れ、ホッとするひとときを過ごしてもらえればうれしい」と竹村さん。

 同ギャラリーの川中啓二代表取締役は「この若さでしっかりとした技術を持っている。ぜひ延岡の多くの方に紹介したい。新進気鋭の画家の応援につながれば」と来場を呼び掛けている。

 時間は午前10時から午後6時。12日と21日は竹村さんが常駐し、来場者を出迎える。問い合わせは同ギャラリー(電話延岡32・4036)。

その他の記事/過去の記事
page-top