【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年新春インタビュー(3)−内倉信吾高千穂町長

本紙掲載日:2018-01-10
3面

宿泊含め観光客誘致図る−三田井、岩戸のまちづくりも

−−3期目の総仕上げとなる一年となります。これまでの町政運営を振り返っていかがですか。

【内倉町長】
町長就任以来、主なハード事業では高千穂神社通線や光ケーブルの整備、西臼杵斎場「やすらぎの杜(もり)」、西臼杵広域消防本部、高千穂小学校、岩戸小学校の建設をはじめ、町道の新設・改良工事などに取り組んできました。また、ソフト事業では少子高齢化に対応するため、産婦人科診療所の誘致や各種検診・予防接種の無料化・助成制度の充実、老人クラブの活動支援など福祉の充実に努めてきました。振り返ると、あっという間の11年だったように思います。

−−平成27年12月の世界農業遺産認定に続き、昨年6月のユネスコエコパーク登録は大きなニュースでした。

【内倉町長】
祖母・傾・大崩山系を囲む宮崎、大分両県の自治体、地域の方々が登録に向けて取り組んできた成果が結実しました。生物多様性に富んだ祖母・傾山系をはじめとする豊かな自然、その自然と共生しながら営まれてきた暮らし、培われてきた風土・文化が世界基準で高く評価されたことを、大変うれしく思っているところです。世界農業遺産と併せ、町民の自信と誇りにつながったものと確信しています。

−−そのエコパークについて、今後の取り組みなどをお聞かせください。

【内倉町長】
まずは、エコパークを広く知っていただくための案内看板の設置など啓発活動に力を入れていきたいと思います。また、日本百名山の一つに数えられる本県最高峰の祖母山については、より多くの方々に登山していただき、豊かな自然に触れてもらいたいと考えています。安全な登山ができるように高千穂山の会や地域の方々と連携しながら登山道へのアクセス改善、道標の点検・整備、ガイドの育成などに取り組んでいきたいですし、来年度以降、研究拠点となりうるビジターセンターの設置も検討していきたいと思います。

−−熊本地震の影響を受けた高千穂観光の回復状況はいかがでしょうか。

【内倉町長】
熊本地震の影響で、平成28年中の観光入り込み客は前年比45万人減の116万人にとどまりましたが、熊本県の俵山ルートや長陽大橋ルートの完成などにより、熊本方面からの入り込みは回復していると実感しています。世界農業遺産の認定、ユネスコエコパークの登録に加え、昨年末には食文化を生かして訪日外国人旅行客(インバウンド)を中心とした観光客誘致を図る取り組みを、農林水産省が認定する「SAVORJAPAN(農泊食文化海外発信地域)」に選ばれました。これらを広く発信しながら宿泊を含めた観光客の増加につなげたいと考えています。

−−九州中央自動車道の早期整備が待たれるところです。

【内倉町長】
国道218号高千穂日之影道路のうち、大平山トンネルを含む日之影町の末市交差点―深角ICが平成30年度中に開通すると発表されました。深角ICから東に抜ける平底トンネルも順調に掘削工事が進んでいます。一方、蘇陽―高千穂(約20キロ)などについては早期の事業化が待たれます。引き続き、沿線自治体の皆さんと一丸となり、事業化に向けた取り組みを進めていきたいと考えています。

−−最後に新年の抱負を聞かせてください。

【内倉町長】
今年は3期目の締めくくりとなる1年です。天岩戸保育園の建設をはじめ、昨年から着手している三田井地区、岩戸地区中心部のまちづくり事業に本格的に取り組みます。これについては、今年度中に策定する「空き家対策」「景観計画」などとの整合性を考慮し、地域の皆さんの意見、要望を参考にしながら取り組みを進めたいと考えています。

その他の記事/過去の記事
page-top