【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

入札スタート−新春初市

本紙掲載日:2018-01-10
3面
延岡地区森林組合の新春初市

延岡地区森林組合・大武町の流通センター

 延岡地区森林組合(日皸賚座緝粛事組合長、組合員4158人)の新春初市は10日、延岡市大武町の同組合木材流通センターで、役職員や組合員、出荷者や買い方、行政や関係団体代表など約100人が出席して行われた。

 入札を前に開会式があり、組合事業に貢献したとして出荷者の部3人と2社、買い方の部5社に感謝状が日眩塙臘垢ら贈呈された。

 日眩塙臘垢蓮延岡・日向地域の林業成長産業化地域創出モデル事業「林業成長産業化地域」の選定、「祖母・傾・大崩地域のユネスコエコパーク登録」など、県北の林業を取り巻く環境などに触れるとともに、「宮崎県の杉素材生産量は連続26年日本一。伐採が進むことは伐採跡地が拡大することにほかならず、再造林が今後の課題としてクローズアップされる」「この問題をいかにクリアしていくことができるかが、林業従事者にとっても今後の課題。組合としては川上、川下の木材の流通や災害に強い森づくりなど、いろんな側面を視野に入れながら、皆さまのお力を最大限にお借りし、市場も含め役職員、組合員一体となり取り組んでいきたい」とあいさつした。

 延岡市の久保昌広副市長、県東臼杵農林振興局の西山悟局長、延岡市議会の佐藤裕臣議長による来賓代表祝辞に続き、来賓が紹介され、県林業公舎の徳永三夫副理事長の音頭で乾杯し閉会した。

 続いて、森林総合研究所の本郷文哉所長の発声で三本締めを行い、威勢の良い拍手が市場に響きわたった後、入札がスタートした。

 初市には杉2700立方メートル、ヒノキ約300立方メートルの計3000立方メートルが出品された。

 入札には来賓代表も加わり、価格の書かれた伝票を買い方から受け取った。落札者と価格が発表され、ご祝儀に景品が贈られ歓声が上がるなど、会場は終始、活気を呈した。

その他の記事/過去の記事
page-top