【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

冷水浴び、息災を祈願

本紙掲載日:2018-01-08
2面
威勢よく頭から冷水を浴びる男衆と男児(7日午前、中山神社)
盛り上がった餅まき

中山神社で縁日大祭−門川

 門川町門川尾末の中山神社(金丸充宮司)で7日、無病息災や縁結びなどを祈願する縁日大祭があり、日程が日曜日と重なったこともあり多くの参拝客が訪れた。呼び物の「裸参り」では、厄年の男衆らが頭から威勢よく冷たい水を浴びて身を清めた。

 厄年の男衆を含む同神社裸参り保存会(河野彰会長)の会員約35人は、真っ白いさらしとしめこみ姿でJR門川駅前を出発、寒さに耐えながら3カ所のお旅所を巡って同神社へ駆け付けた。約60段の石段を一気に駆け上がり、境内に到着すると、待ちわびた多くの参拝客の出迎えを受けた。

 冒頭、河野会長(42)=同町西栄町、自営業=が「水行で皆さんの分も厄を払いますので、声援よろしくお願いします」とあいさつ。その後、3人ずつ順番に、「せーの」の掛け声に合わせて冷水を浴びると、取り囲んだ参拝客から歓声が上がった。

 会員の子どもを中心にした地元のソフトボールチームに所属する児童約15人も参加。体操着姿で男衆と一緒に冷水を浴び、参拝客から称賛された。

 初めて参加した草川小4年生の上田凱世=かいせい=君(9)は「水は冷たかったけど、みんなと一緒だったので楽しかった。けがのない一年にしたい。勉強も頑張ります」と笑顔を見せた。

 同神社の裸参りは江戸時代から続く伝統祭事。一時途絶えていたが、三十数年前に地元青年団の4人で復活させたという。河野会長は「今年一年、みんなが健康に無事過ごせることを願いました。中山神社の祭りを今後も守り続け、町内外に広めていきたい」と話した。

 境内では餅まきで盛り上がり、参道では恒例の植木市のほか露店も並び、多くの家族連れらが休日の祭りを楽しんでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top