【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北、新成人1791人−成人式

本紙掲載日:2018-01-08
1面
成人証書を受け取った赤木辰太郎さんと小野川萌さん

延岡市、日向市、門川町式典

 延岡市・日向市・門川町で7日、成人式が開かれた。振り袖やはかまなどの華やかな晴れ着を身にまとった新成人が、式典を通して大人としての自覚や責任を新たにした。県によると、今年の新成人は延岡市が1108(男549、女性559)人、日向市が514(同265、同249)人、門川町が169(同83、同86)人。県北全域では1791人が新たな門出を迎えた。

◆多くのことにチャレンジ−延岡市長、人生を切り開いて

 延岡市の成人式は延岡総合文化センターであり、新成人の篠村安里沙さんと西岡廉登さんが司会を務めた。

 式では、参列者が藤田結奈さんの朗読に続けて市民憲章を唱和し、代表して赤木辰太郎さんと小野川萌さんが、首藤正治市長から成人証書を受け取った。

 首藤市長は式辞で「地域や国づくりに参画したりこれから多くのことにチャレンジしたりする中で、自分の人生を切り開いていってほしい」とあいさつ。佐藤裕臣市議会議長は「いつの世も新たな時代を切り開くのは若い力です。その力を発揮して、夢と希望に向かってまい進してほしい」と祝辞を述べた。

 この後、ステージ後方のスクリーンに各高校の恩師からのメッセージが上映され、同市出身のバレーボール選手・内瀬戸真実さんと大相撲の十両力士・琴恵光関(佐渡ケ嶽部屋)からのお祝いの言葉が贈られた。

 また、新成人としての決意を発表する「はたちのメッセージ」で登壇した、熊本県在住の藤内太郎さんは熊本地震の体験を踏まえ、「日常生活のありがたさや大切さをかみ締めながら過ごしていきたい」とスピーチ。黒木惇奈さんは「さまざまなことに挑戦する過程で起こる失敗が、自分の経験や成長の糧となることを信じて前進し続けていきましょう」と呼び掛けた。

 閉会後には記念抽選会が行われ、同センター前の広場では、楽しそうに記念撮影や近況報告をする新成人でにぎわった。(3面に関連記事)

その他の記事/過去の記事
page-top