【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本キリ紙パック好調です

本紙掲載日:2017-12-29
2面
江夏専務(左端)と社員の皆さん

霧島酒造の江夏専務

 「志比田第2増設工場を造っています。来年7月に完成、8月から稼働します。東京方面が伸びているので、その需要を賄うためです」と話すのは、霧島酒造(本社都城市)の江夏拓三専務。

 11月から販売を開始した本格芋焼酎「霧島」=愛称本キリ=の紙パック商品について「予想以上の出荷で1時間に1万8900本製造しています」と披露。一般の紙パックと違って焼酎用の紙パックは7層から成り「最高のハイテクロボットで生産しています。不思議な〃夢の工場〃みたいです。ラインが見えるように、見学可能なガラス張りの通路もできました」。

 同社は、全国の焼酎・泡盛メーカーの平成28年売上ランキングで、5年連続1位の独走状態を達成、宮崎県の県別ランキング連続トップに大きく貢献している。

 同専務は年末のこの時期、企画広告「うまいものはうまい」に今年登場した県内の食材生産者を企画担当の若手社員と共に訪問、年末のあいさつも兼ね感謝を伝えているという。

 28日午後、帰社の途中に夕刊デイリー新聞社を訪れ、「夕刊デイリーうまいものはうまいお正月プレゼント」にメッセージ付きの1万6000通のはがきが寄せられたことについて「たくさんのはがきをいただきありがたい」と愛飲家に感謝を表した。

その他の記事/過去の記事
page-top