【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

農業算出額3562億円−宮崎県

本紙掲載日:2017-12-28
1面

5年連続増加−前年と同じ全国5位

 農林水産省は12月26日、平成28年の都道府県別農業産出額を公表した。本県は3562億円で前年比138億円増となり、5年連続で増加した。全国順位は前年と同じ5位。ブロイラーや豚、肉用牛などの畜産が全体を押し上げた。

 本県で最も産出額が多かったのはブロイラーの730億円で、次いで肉用牛の708億円、豚の517億円。鶏卵や生乳を含めた畜産部門は2206億円(前年比112億円増)で全体の約62%を占めた。肉用牛の価格上昇や豚の出荷頭数増加が要因となった。

 耕種部門は1320億円(同18億円増)で、内訳はきゅうり199億円、米172億円、ピーマン119億円、トマト86億円など。米や果実、花きの生産量増加が伸ばした。

 品目別をみると、本県はブロイラーが全国1位(シェア21・1%)で、2位の鹿児島県の584億円に146億円の差を付けた。豚は鹿児島県に次ぐ2位(同8・4%)、肉用牛は鹿児島県、北海道に続く3位(同9・7%)となった。

 本県の農業産出額は22年の口蹄(こうてい)疫、23年の鳥インフルエンザで3000億円を割り込んだが、24年は3036億円で全国7位、25年は3213億円で同6位。26年は3326億円で同5位となり、27年も3424億円で同5位をキープした。農業生産によって新たに生み出された付加価値を示す生産農業所得は1237億円で全国8位だった。

 産出額の全国1位は北海道で1兆2115億円。生乳をはじめ、肉用牛、野菜、米などで上位につけた。同2位は茨城県の4903億円で鶏卵や米、豚などが多い。同3位の鹿児島県は肉用牛と豚がトップだった。

 河野知事は「産出額は増加しているが、従事者の高齢化や担い手の減少など構造的な課題を抱えている。さらには国際競争の激化や東京五輪を見据えた新たな食市場の動向など大きな変革期を迎えている。今後とも担い手の確保や生産力の強化に向けた対策を講じ、フードビジネスの振興や海外輸出の拡大で本県農業の成長産業化を促進したい」とコメントした。

その他の記事/過去の記事
page-top