【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

貴重な化石を大発見!?

本紙掲載日:2017-12-26
2面
山本君が見つけた化石。指先の黒く見えるのが「うろこの化石ではないか」とされる部分
発見した化石を福井県恐竜博物館に寄贈した山本瑠星君
今年の夏休み子ども体験ツアーで行われた化石発掘体験

山本瑠星君(東海東小4年)−福井・恐竜の森で発掘

 延岡市東海東小学校4年の山本瑠星(りゅうせい)君が、今年7月に参加した第16回夏休み子ども体験ツアーで化石とみられるものを発見、「貴重なものである可能性がある」として福井県立恐竜博物館から寄贈を求められた。未確定ではあるものの山本君は「うれしい」と笑顔で話した。

◆夏休み子どもツアーで初−恐竜博物館から寄贈要請

 山本君が参加した夏休み子ども体験ツアーは、日旅サービス延岡営業所の主催で毎年開かれているもので、延岡市教育委員会、旭化成ひむか文化財団、夕刊デイリー新聞社が後援している。

 16回目の今年は小学3年生から中学1年生まで42人が参加、7月25日から28日まで福井県勝山市の県立恐竜博物館や大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどを巡った。

 山本君が化石を見つけたのは、福井県立恐竜博物館に隣接する「かつやま恐竜の森」で行われた発掘体験。日本一の恐竜化石発掘数を誇る勝山市にある約1億2千万年前の地層から掘り出された石が持ち込まれ、ハンマーなどで割って発掘を体験する企画だ。

 山本君は、大きな石を一つ選んだ後、ハンマーで少しずつ割り専門員に見せ、どんな化石なのかを教えてもらいながら発掘を体験した。

 作業が後半になったころ、割った石を専門員に見せると「新種の魚のうろこかもしれない。調査のために預からせてほしい」と言われた。その後、恐竜博物館で化石周辺の石や泥を取り除くクリーニングが行われた。

 約4カ月後、同館から寄贈依頼の正式文書が届いた。文書には「恐らくウロコの化石だと思われる。このような重要な化石は博物館での研究に大いに役立つので、寄贈いただきたい」との趣旨や、同館が引き続きクリーニングすることなどが書かれていた。

 夏休み子ども体験ツアーを企画し、1回目から添乗している日旅サービス延岡営業所の工藤澄雄さんは「このような発見は初めて。うれしいですね」と驚いて喜んでいる。山本君は「また、できれば発掘体験をやってみたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top