【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成29年を振り返る−延岡市

本紙掲載日:2017-12-26
3面
「最多人数で踊る盆踊り」としてギネス世界記録に認定された新ばんば踊り
有名料理人の対談など食のイベントで、延岡を情報発信した「のべおか国際食卓会議」

ばんば踊り−ギネスに挑戦、記録更新

◆2巡目国体で体育館/台風18号被害

 7月は記録に沸いた。22日開かれた第41回まつりのべおかでは、「最多人数で踊る盆踊り」のギネス世界記録に挑戦。新ばんば踊りを浴衣を着て、草履かげたを履き、間違えずに5分間踊り続ける条件に挑み、2748人で記録を更新した。併せて「一つの会場内浴衣を着た最多人数」としても認定された。記録は、9月9日に大阪府八尾市の「河内音頭」が2872人で更新したものの、参加者と応援する市民が一つになった記録の達成は、延岡に元気を与えた。

 河野俊嗣知事は9月8日、9年後に本県で開催予定の2巡目国体に向けた県有主要3施設について、総合体育館を延岡市、陸上競技場を都城市、プールを宮崎市に分散配置する方針を明らかにした。総合体育館の候補地は延岡市民体育館敷地。今後は課題の検討などが進んでいく見通しだが、県民共有の財産として均衡配備を求めてきた本市の悲願が実った。

 また、9月は災害にも見舞われた。大型の台風18号が17日に本県を直撃し、大雨の影響などで延岡市北川町を中心に大きな被害を受けた。特に同町曽立地区は、昨年9月の台風16号に続き、2年連続で内水氾濫による浸水被害に遭った。

 市は昨年の被害を受け、応急仮設排水ポンプを導入していたが十分な効果がなかったため、県と抜本的な対策を検討。首藤市長は市議会12月定例会で、同地区を流れる曽立谷川の氾濫を防ぐため、北川の堤防の高さまで谷川の堤防をかさ上げする案を軸に整備する方針を明らかにした。

 延岡の食の魅力を情報発信する「東九州バスク化構想」も新たに歩を進めた。取り組みを進める同構想延岡推進協議会内に「料理人部会」と「生産者部会」が発足し、連携した取り組みがスタート。11月には「のべおか国際食卓会議」が開かれ、世界的な料理人の対談や著名人のトークセッションはじめ、さまざまな食の関連イベントに市内外のグルメ愛好家や多くの市民が訪れ、延岡の食の魅力を堪能した。

 同月12日には、市が今年度末の完成を目指し、JR延岡駅前に建設している複合施設のプレイベント。市民報告会で施設の概要が示され、愛称を「エンクロス」に決定したと発表した。考案者は北方町の会社員田邉雄也さんで、「エン」は延岡の「延(えん)」と「人と人の縁」を掛け、「クロス」は交差するという意味。施設はまちのにぎわいづくりの拠点として活用される。

 今年は、延岡市天下町のクレアパーク延岡工業団地第2工区への企業立地が相次いで決まり、3月に同市別府町の桐木工作所、5月に大阪市の富士チタン工業、10月に延岡市粟野名町の中園工業所、11月に同市卸本町の三井の立地調印式が市役所で行われた。地域経済の活性化や雇用の創出が期待される。

その他の記事/過去の記事
page-top