【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夜間は原則ハイビームで

本紙掲載日:2017-12-25
3面
タクシー会社との事故防止検討会

死亡事故検討会、防止へ情報共有−日向署

 日向警察署(四倉敏夫署長)は12月18日、日向市上町の市道で相次いで発生した交通死亡事故の検討会を開いた。タクシー会社や安全協会など17人が参加し、事故防止に向けた取り組みなどについて話し合った。

 事故は11月19日午前0時33分ごろと12月10日同3時3分ごろに、上町の繁華街周辺の市道で発生。いずれも、何らかの原因で路上に横たわっていた男性が、タクシーにひかれ死亡した。

 検討会では参加者が黙とうした後、垂水一洋副署長があいさつ。「たまたまタクシーによる事故だったが、いつどこでだれが起こしてもおかしくない。事故防止の情報共有ができる実りある検討会になるようお願いします」と呼び掛けた。

 その後、内立三郎交通課長が事故の状況などを説明。いずれも日曜日(土曜日の深夜)、タクシードライバーが65歳以上の高齢者、亡くなった男性は路上に横たわっていたという。

 事故直前には、別の運転手が路上に人が横たわっていることを確認していたことや、現場状況などを踏まえ「決して防げない事故ではなかった」と指摘した。

 その上で、夜間は原則ハイビームであるとし、速度の抑制を図るとともに、ハイビーム、ロービームのライト切り替えを積極的に活用するよう伝えた。

 出席者は「(事故当事者が)一時停止はしたが十分な安全確認ができていなかった」「必ずハイビームにするよう声掛けしてるが徹底できていない」など、改善すべき問題を周知し合った。

 一方、「夜間の服装についての呼び掛けはどうか」「12月だけでも警察による巡回を増やせないか」など要望も行った。

 内立課長は「事故防止が私たちの最大の仕事。できる範囲の人員で取り組んでおり、継続、または増強していきたい。二度と当事者を出さないよう力を注いでいくので協力をお願いします」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top