【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

飲酒運転根絶を宣言−延岡税務署

本紙掲載日:2017-12-25
3面
延岡税務署全職員が購入した53個のめひかりバッジを延岡警察署の財津交通課長(右)から受け取る副島署長

めひかりバッジ−全職員が購入

 延岡税務署(副島裕司署長)は12月21日、副島署長ら全職員53人が「飲酒運転根絶宣言」を行い、酒を飲んだら絶対に乗らないことを誓い、宣言書を同席した延岡警察署交通課の財津創課長に手渡した。

 森山達徳係長が宣言式を見守り、副島署長が宣言書を読み上げた。宣言は「酒を飲んだら絶対運転をしない」「車や自転車を運転する人に絶対酒を勧めない」「酒を飲んだ人の車に絶対乗車しない」「ハンドルキーパー運動を推進する」の4点。

 「飲酒運転は悪質極まりない犯罪行為ながら依然として後を絶たない」として、「家庭や職場、さらには地域が一体となって飲酒運転を許さない社会を築いていく」と決意した。

 この日は、森山交通係長から交通法令研修もあり、めひかり交通安全運動のバッジの交付式も行われた。

 副島署長が延岡警察署の時任和博署長と懇談中に、めひかりバッジを知り、その趣旨や意図を聞き税務署の職員に呼び掛けたところ全員が賛同、購入することを決めたという。

 財津交通課長は「めひかり交通安全運動を始めて17年たつが、職員全員が購入してくれることはなかなかない。これから一人一人が目を光らせてほしい」と話した。

 早速、めひかりバッジを身に着けた個人課税第2部門の元村萌星さん(26)は「きょう学んだ交通法令を順守したい。車を運転する際には、周囲の状況に目を光らせて安全運転に努めたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top