【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「遠音よし遠見よし」−伊藤一彦さんが第14歌集

本紙掲載日:2017-12-23
2面
歌集「遠音よし遠見よし」
伊藤一彦さん

 歌人、伊藤一彦さん(74)が第14歌集「遠音よし遠見よし」を出版した。

 月刊誌「現代短歌」に連載した作品と今年春までの2年間の作品518首を収めている。

 後記には「昨年二月に母が満百一歳で世を去った。最後の二年間の母の姿を数篇の連作に収めている。父の思い出を歌った作も少なからずある。昨年四月から今年三月まで『NHK短歌』で『牧水うた紀行』を担当することになり、あらためて牧水ゆかりの地を訪れた。二〇一八年は牧水没後九十年である。この稀有の歌人にさらに光が当てられることを願っている」。

 書名は「遠音よし遠見よし春は野への道ひとり行きつつ招かれてをり」から取っている。

(現代短歌社刊、2700円=税別=)

作品から―――
▽時として思ひ出でたり垣間見にける百一歳(ひやくいち)のははのちちふさ
▽一日に五個とかぎりし母の飴こよひの月は金いろの飴
▽雲のなき日向の空は青尽くし青を尽くして不意にしろがね
▽住み悪しき国になりぬと言はぬまま里は花咲き鳥啼きてゐる

その他の記事/過去の記事
page-top