【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ニンジン、ブロッコリーを収穫

本紙掲載日:2017-12-21
2面
ブロッコリーは生い茂る葉っぱをかき分けて収穫
エコバッグ作りに挑戦する参加者

あぐりスクール親子で体験−JA延岡

 食と農について親子で体験しながら学ぶJA延岡(山本照弘組合長)の平成29年度第8回あぐりスクールは12月16日、延岡市のJA延岡地域農業振興支援センターであり、市内から27家族75人が参加した。

 山本組合長によるあいさつの後、子どもたちは4班に分かれて新聞紙を使ったエコバッグ作りに挑戦。若手職員の指導を受けながら、保護者と相談したり手伝ってもらうなどして楽しく作業に打ち込んだ。

 畑では8月に同スクールの参加者が苗を植え付けたニンジンとブロッコリーを収穫。ニンジンは根っこから真っすぐに引っ張って抜き、ブロッコリーは生い茂った葉をかき分けて中心部分を鎌で刈り取った。

 農産園芸振興課の佐藤彰さんは、ニンジンに曲がったものやずんぐりした形のものが多かったことに触れ「土の中に石があると真っすぐにならずに変わった形になります。スーパーなどに並んでいるのとは違いますね。ニンジンは葉っぱにも栄養があるので天ぷらにしてもおいしいですよ」と説明した。

 収穫したニンジンとブロッコリーは参加家族に配られ、作ったばかりのエコバッグに入れて持ち帰ってもらった。

 また、ニンジンやブロッコリーのほか、玉ネギやジャガイモなど同センターで収穫した野菜を使って、若手職員がシチューを手作り。参加者に熱々のシチューが振る舞われた。

 両親と弟の巧眞君と参加した緑ケ丘小3年の光岡蒼眞君は「ニンジンを抜くのが楽しかった。ブロッコリーも好きです。知らなかった農業のことをたくさん知ることができて楽しかった」と笑顔を見せていた。

その他の記事/過去の記事
page-top