【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

乾しいたけ料理をPR

本紙掲載日:2017-12-21
2面
「乾しいたけ料理の店」の認定を受けた東臼杵農林振興局管内5店の代表者ら

東臼杵管内5店に認定証−県

 乾しいたけを使った料理を提供する店を広くPRしようと、県は延岡総合庁舎で12月20日、東臼杵農林振興局管内の5店に「乾しいたけ料理の店」の認定証を交付した。県民や観光客に県産乾しいたけのうま味、香り、食感を楽しんでもらおうと昨年から実施しており、昨年は県内10店に認定証を郵送。今回初めて交付式を開いた。

 県産乾しいたけの生産量は全国2位。同振興局の西山悟局長は、食生活や生活習慣の変化によって食べる機会が減少したことに触れ「これを機に料理を通して県産の乾しいたけを積極的にPRしていただきたい」とあいさつ。認定を受けた5店に県産スギ製の認定証を手渡した。

 5店を代表して、小黒木農家レストラン「味さと」=美郷町北郷=代表の阿部ひとみさん(64)が「たくさんの人に食べてもらい、消費拡大や地域活性化に貢献できるように精進していきます」と述べた。

 今回は県内10店に認定証を交付。このうち、東臼杵農林振興局管内は南郷温泉「山霧茶屋」=美郷町南郷=、小黒木農家レストラン「味さと」=同町北郷=、よこい処「しいばや」=椎葉村=、民宿「おまえ」=同=、椎葉村物産センター「平家本陣」=同=の5店、西臼杵農林振興局管内は高千穂手打ち蕎麦「おたに家」=高千穂町=の1店。

 認定の基準は、県産乾しいたけを使用していること、それを生かした料理を常時1品以上提供していること――など4項目。「山霧茶屋」は石焼きビビンバやうどん、「味さと」は煮しめやかき揚げ、「しいばや」はウインナー、「おまえ」は棒すし、「平家本陣」はそばやうどん、「おたに家」は丼物やコロッケに県産乾しいたけを使っているという。

 認定証は、シイタケをかぶった県のシンボルキャラクター「みやざき犬・ひぃくん」のイラスト(しいたけひぃくん)入り。認定者には記念品として、しいたけひぃくんのイラスト入りのちょうちんも贈られた。

その他の記事/過去の記事
page-top