【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

星空を撮る−写真で魅力発信

本紙掲載日:2017-12-20
7面
特選・高橋敏明さん(日向市)の「夏の終わり」
準特選・小畑かなこさん(宮崎市)の「昴」
入選・児玉美智子さん(延岡市)の「星空のロマン」
入選・柳田竜佑さん(美郷町)の「中小屋天文台」
入選・石田康弘さん(宮崎市)の「遥かな宇宙(そら)へ」
入選・川原彦一郎さん(福岡県)の「六峰街道、炎のドラゴン」
入選・松嵜美智典さん(佐賀県)の「天文台」

中小屋天文台フォトコンテスト−美郷町北郷

◆高橋敏明さん(日向)特選に

 美郷町は初めての「中小屋天文台フォトコンテスト」を開き、このほど審査結果を発表した。特選は高橋敏明さん(日向市)の「夏の終わり」、準特選は小畑かなこさん(宮崎市)の「昴」に決まった。

 施設の利用を促進し、魅力の発信の一端を担う写真を募る目的でアマチュアを対象に行った。同天文台周辺で撮影された写真を7月から11月まで「星景写真部門」「風景写真部門」「ポートレート写真部門」で募集した。

 県内外から41点の応募があり、そのうち7点が入選。町職員で星空案内人の小松嵩史さんは「天文台付近の良さが分かる素晴らしい作品ばかり」と評した。

◆12月21日からパネル展−町役場北郷支所に25点=

 美郷町役場北郷支所で21日から「中小屋天文台フォトコンテストパネル展」が開かれ、入選・応募作品25点を来年1月19日まで展示する。時間は午前8時〜午後5時15分。入選作品は同町ホームページにも掲載されている。

【特選】高橋敏明(日向市)「夏の終わり」
【準特選】小畑かなこ(宮崎市)「昴」
【入選】石田康弘(宮崎市)「遥かな宇宙(そら)へ」▽川原彦一郎(福岡県)「六峰街道、炎のドラゴン」▽柳田竜佑(美郷町)「中小屋天文台」▽児玉美智子(延岡市)「星空のロマン」▽松嵜美智典(佐賀県)「天文台」


◆中小屋天文台「昴(すばる)ドーム」−美郷町北郷

 県内最大級の口径600ミリのリッチー・クレチアン反射式望遠鏡と最新の自動導入追尾システムを備えている。中小屋峠の標高約1000メートルにあり、空気が澄み、光害もないことから星空を観望するには絶好のスポットだ。

 星空の観察を通して大気環境を分析する「全国星空継続観察(スターウォッチング・ネットワーク)」(環境省主催)が平成2年に実施した調査で、夜空の暗さ部門で日本一に輝いた実績を持つ。

 昭和63(1988)年に開設。昨年10月からは大型望遠鏡のメンテナンスや、併設する管理・研修棟の一部を改修するリニューアルを行い、写真愛好家や天体に興味がある20〜30代女性の団体客が増え、問い合わせも多いという。

 案内役を務めるのは、町職員で星空案内人の資格を持つ小松嵩史さん。併設する管理・研修棟で天体についての説明、ドームでは大型望遠鏡を操作しながら星雲・星座の解説などを行う。

 棟内には、農林産直売所「美郷ノ蔵」による手芸加工品の販売や観光案内ブースを設けており、周辺市町村の情報発信も行っている。

 営業時間は午後1〜9時。希望者は原則2日前までに予約を。入館料は中学生以上510円、3歳以上小学生以下310円。問い合わせは美郷町役場北郷支所・企画情報課(電話0982・62・6201)。

その他の記事/過去の記事
page-top