【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
旬鮮食材−ユズとカボチャ
本紙掲載日:2017-12-19
4面

冬至を前に入荷が増えてきた日之影産のユズ(右)とメキシコ産のカボチャ

ゆず湯、食べては無病息災

 12月22日は冬至。一年のうち日照時間がもっとも短く、夜が長い日だ。この日はゆず湯に入ったり、カボチャを食べて無病息災を願う風習がある。

 ユズは食べ物としても今が旬。皮は下ろし金で削って、ゆずこしょうを作ったり、薬味に。果汁は搾って、みりん、だし、しょうゆと混ぜてポン酢にするといい。

 ゆず湯は丸ごとか、輪切りにしたユズを風呂に入れて入浴する。ゆず湯に入ると体が温まり、風邪を引かないといわれている。食用とゆず湯用があるわけではない。

 カボチャは本来は夏野菜なので、今の時期はメキシコからの輸入物が主体。だが、県内の生産者も冬至に合わせて出荷しているので、食べ比べてみるのも楽しい。

 ビタミンほか、カロテン、たんぱく質、食物繊維などが豊富な栄養野菜。冬至の日にカボチャを食べるのは、栄養をしっかり取って、1月から2月にかけての本格的な寒さに備える意味があるのであろう。このところも寒い日が続いている。季節感のあるユズとカボチャで、厳しい冬を乗り切りたいものだ。