【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

書き初めの特訓中です

本紙掲載日:2017-12-14
1面
書き初めの特訓をするアジアゾウのみどり(宮崎市フェニックス自然動物園)

正月にお披露目−アジアゾウの「みどり」

◆宮崎市フェニクス自然動物園

 今年も残りわずか。宮崎市フェニックス自然動物園(出口智久園長)では、アジアゾウの「みどり」(雌17歳)が正月に披露する書き初めの猛特訓を続けている。

 三が日に行う恒例のパフォーマンスで、宮崎に来た12年前から毎年続けている。ゾウの書き初めが見られるのは千葉県の「市原ぞうの国」と2カ所だけという。

 みどりに与えられた課題は来年のえとの文字。特訓が始まった先月末からほぼ毎日白い画用紙と向き合い、長い鼻で特製の筆をゆっくり動かしながら練習している。

 はねやはらいのある漢字は特に難しいが、書き終えた作品はなかなかの出来栄え。重さ約3・2トンの巨体に似合わず繊細な筆使いをするみどりに、飼育員も思わず笑顔を見せていた。

 竹田正人飼育課長は「特訓のかいあってうまく書けているようだ。本番が漢字になるか、ひらがなになるか、あるいはカタカナになるかは当日のお楽しみ。ぜひ動物園で確かめてほしい」と話していた。

 書き初めは1〜3日のいずれも午前11時から行う。また、小学6年生までの先着100人に動物園オリジナル缶バッジやシールをプレゼントする。1日は午前10時30分、2日からは同9時開園。

その他の記事/過去の記事
page-top