【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

障害ある人も気軽に−店主の中山さん

本紙掲載日:2017-12-12
2面
そばを打つ森さんと、冗談を交えながらポイントを説明する中山さん(左)。参加者は興味深そうに見入っていた

招待し、そば打ち披露

 延岡市大貫町の手打ちそば道場「中山邸・晨翁(しんおきな)蕎麦」は12月11日、同市のNPO法人・市しょうがい者大輪の会(甲斐直義理事長)の会員ら11人を招待。そば打ちを披露し、ざるそばを振る舞った。

 店主の中山優治さん(71)は、そば文化を広めようと平成25年に発足した「宮崎そば打ち倶楽部延岡」の代表で、地域貢献の一環として老人ホームや養護施設などでも活動している。

 今回の招待は「これからの社会はいろんな人が共生していかなければいけない。障害のある人も気軽に食べに来てほしい」という中山さんの思いと、同会と交流のある倶楽部会員との縁で実現した。

 この日のそば打ちは、倶楽部会員の森良彦さん(74)が担当。その横で中山さんが冗談を交えながら、そば打ちのポイントを説明したり、参加者からの質問に回答しながら、にぎやかな雰囲気で進めた。

 その後、参加者はコシのあるざるそばを堪能。「おいしい」などと感想を言い合いながら味わっていた。

 店内のカウンターやトイレは、車椅子の利用者が快適に過ごせるようにと、高さや広さに考慮し設計されている。中山さんは「敷地の都合で、入り口のスロープは設置できませんでしたが、電話をしてくれれば補助に出向くので、お気軽に」と笑顔で話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top