【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

読んだ本をいっぱい記帳

本紙掲載日:2017-12-11
6面
読書通帳に記帳する財光寺小児童
全校児童に配布された読書通帳

財光寺小読書通帳システム導入−日向

 児童に読書意欲を高めてもらおうと日向市財光寺小学校(三樹和幸校長)は8日、同小図書室に「読書履歴通帳システム」を導入した。ATM(現金自動預払機)のような専用の機械に読書通帳を通すと、自分が読んだ本のタイトルや貸出日などを記録できる仕組みで、九州の学校では初の導入という。

 同校は、平成27年度から読書意欲の向上を図るため、授業で図書室を使用したり、読み聞かせをするなどさまざまな取り組みを行ってきた。

 その結果、平成26年度の全校読書冊数が約1万冊だったのに対し、同27年は約1万4千冊、同28年は約2万冊、今年度は既に約2万2千冊を越えた。

 三樹校長が「より多く本を読んでもらいたい」と、PTAに同システムの導入を相談したところ、PTA会議で話し合い、バザーでの積み立て資金を使ってシステムを購入することになった。

 受け渡し式で三村隆之PTA会長は「『図書室の本が足りません』というほど読んでほしい」とあいさつ。代表児童に読書通帳を手渡し、1年生2人が専用の機械で記帳を体験した。

 通帳を手にした6年生の安田優希さんは「今年は78冊を読んでいます。小学校生活はあと少しだけど、たくさん読みたい」、記帳体験した1年生の中井玲那さんは「楽しかった。『ルルとララのカップケーキ』が好き」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top