【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

防災ST予定地などを視察

本紙掲載日:2017-12-11
3面
防災ステーションの建設現場で説明を聞く河川情報モニター

河川情報モニターと国交省

◆目で見て確認−防災意識啓発へ

 地域住民に防災意識の普及や啓発を行う「河川情報モニター」と国土交通省職員合同の現場調査がこのほど、同省が管理する五ケ瀬川、大瀬川一帯で行われた。河川改修現場を実際に目で見て確認し、今後のモニター活動に役立てるのが目的。護岸工事現場や防災ステーション予定地、不法投棄多発箇所などを巡回し、平常時の河川の状態を見極めた。

 モニター制度は、同省九州地方整備局管内の直轄20河川で平成20年度に創設された。同省が提供する河川情報を住民の立場でモニタリングして改善案を検討、台風など出水時に自宅周辺の浸水被害状況を同事務所に連絡する――などが主な任務。

 同事務所では1年を任期に毎年モニターを委嘱しており、今年は五ケ瀬川、大瀬川、北川、祝子川の直轄区間流域の6地区10人を委嘱、住民に防災意識を啓発するなど、地域と河川管理者の〃懸け橋〃として活動している。

 現地見学会には8人のモニターが参加。同事務所調査第一課と河川出張所の所員3人が随行し、野田地区の護岸工事―大瀬川右岸・百間の瀬―岩熊井堰(いぜき)―天下橋左岸―防災ステーション建設予定地―鷺(さぎ)島橋左岸の不法投棄多発箇所―方財地区の導流堤工事現場―恒富地区の堤防拡幅工事の順で巡回。

 大瀬橋上下流の堤防整備現場では、災害時の「復旧工事」「避難」「水防活動」を円滑にすることを目的に施工中の堤防拡幅工事を視察。工事前の写真と完成後の堤防を比較するなどして整備状況を確認した。

 延岡JCT・IC北側の防災ステーション建設予定地では、久保尚男工務第一課長が「水防活動を行う上で必要な緊急資材を事前に備蓄し、防災活動に必要な資材の搬出、搬入、ヘリコプターの離着陸に必要な作業面積を確保するため、国と市が連携して整備。今年度は実施設計と用地買収を行う」などとステーションの目的や今後の整備日程を説明。

 モニターは「現況は土地が低いようだが、かさ上げはするのか」「インターの近くに造る理由は」「津波が到達する心配はないか」などと質問。久保課長は「現況は田で水につかるが、堤防上の道路の高さよりさらに高くかさ上げし上物を建設する」「高速道路に近いというのが最大の立地条件。市街地側と高速道路側からのルートが確保でき、災害や緊急時に早急な対応が可能」「海岸から約6キロあり、津波の心配はない」などと答えた。

 参加したモニターは次の通り。

南方地区(五ケ瀬川)=甲斐孝▽岡富地区(同)=吉本興市、亀山勉▽恒富地区(大瀬川)=吉田拓司、山口美三雄▽西階地区(大瀬川)=村上友久▽祝子地区(祝子川)=福良誠一▽東海地区(北川)=吉田敏春

その他の記事/過去の記事
page-top