【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

イチ、ニ、イチ、ニ−ひまわり支援学校生と餅つき

本紙掲載日:2017-12-09
2面
長谷川組合長(前列左から2人目)ら日向市菓子工業組合のメンバーと餅つきを楽しむ日向ひまわり支援学校の生徒たち

日向市菓子工業組合

 日向市菓子工業組合(組合長=長谷川実利・はせがわだんご社長、加盟10事業所)のメンバー5人は12月8日、同市の日向ひまわり支援学校(黒木敏浩校長、65人)を訪れ、中学部・高等部の生徒と餅つきを楽しんだ。

 地域貢献活動の一環として、平成25年から交流活動を続けている。3カ年続けてお菓子作りを行ってきたが、昔ながらのきねとうすを使った本格的な餅つきで迎春気分を味わってもらおうと、昨年から餅つきに変更した。

 生徒12人が参加する中、県食品衛生協会の「手洗いマイスター」に認定されている長谷川組合長が、「食べ物を扱うときに一番大事なのは手洗い。ノロウィルスがはやる時期でもあり、風邪の感染防止にもつながるので、しっかりと手を洗う習慣を身に付けてほしい」と手洗いの励行を呼び掛けた。

 全員が手を洗った後に餅つき開始。メンバーが蒸し上がったもち米を、きねで押しつぶして粘りけをつけた後、生徒が交互にきねを振り上げて餅つきを体験した。もち米は同組合が6キロ分を用意。「イチ、ニ、イチ、ニ」と掛け声を掛け合ったり、「頑張れ」の声援を受けながら、1時間がかりでつき上げた。

 つきたての餅は、全員で丸もちにした後、長谷川組合長が事前に用意した甘いぜんざいに入れておいしく食べた。

 長谷川組合長は「社会に出る前に、いろいろな体験をしたり、他の社会人と関わりを持つことは大切。交流活動を継続することで、少しでも子どもたちの成長に寄与できれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top