【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
FMのべおか−番組審議会
本紙掲載日:2017-12-05
3面

 「FMのべおか」の番組審議会はこのほど開き、委員から次のような意見が出た。

 「明るい社会賞の受賞者の方々が番組に出て活動内容を紹介されていたが、地域で社会活動されている方々の生の声が聞かれて啓発効果は大きかった。地方色に努力していることが感じられる。《つなごう!延岡・いわき・熊本支援プロジェクト》コンサートは、レクイエムの素晴らしい演奏が聞かれたが、年末の第九演奏会にもつながると思うのでしっかり放送してほしい」(牧野哲久委員)。

 「教育や教養番組への関心が高まっている。教養番組に力をいれてもらいたい。例えば市民大学とか写経なども人気が高い。《西郷(せご)どん》で西南戦争の宿陣跡や敗走路への関心も高い。それに来年は牧水没後90周年、牧水顕彰にスポットを当てていただきたい。郷土の先人の著書を紹介するなど延岡の教育や歴史、文化など教養番組に力をいれてもらいたい」(野中玄雄委員)

 「朝の番組を久々に聞いたら開局当時からおられるパーソナリティーの方の話や間の取り方、進行が素晴らしくて感心した。絵本の朗読や曲の選択も、私にリンクしていて、おかげで調子よく進み、耳で聞きながらいろんなことができるラジオの力は素晴らしいと思った」(山本敦委員)

 「私たちの学園の幼稚園60周年イベントにパーソナリティーの方に手伝っていただき、進行していただいたらとてもよかった。イベントには地域の方々もたくさん参加していただいた。地域で行われているいろんな催しで人々の声を聞いて放送すると地域も盛り上がり聞く人も増えるのではないかと思う。大学生や高校の放送部の生徒が登場する番組も期待したい」(佐田栄子委員)

 これに対して局側は「明るい社会賞の受賞者の番組出演はパーソナリティーからの提案で今回初めて。スタジオに来られない方は電話で話していただいた。第九は事務局の方に番組に出ていただく予定。西南戦争はもっと取り上げていきたい。

 牧水没後90周年は番組を考えていきたい。地域のイベントに行っていろんな声を聞いていきたい。大学生や高校生が出演する番組も進めていきたい」と答えた。