【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

工夫凝らし味満点

本紙掲載日:2017-12-01
6面
延岡学園高調理科3年の今年度第2弾「高校生レストラン」
調理場では生徒たちが丁寧に盛り付け

延岡学園高調理科・高校生レストラン

 延岡学園高校調理科の高校生レストランが25日、延岡市大峡町の同校食堂で行われ、抽選倍率約13倍の中から当選した49人がボリュームたっぷりの料理に舌鼓を打った。

 3年生がこれまでに身に付けた知識や技術を一般の人に発表する場として毎年開店している。今年度2回目の開催。生徒29人が提供したメニューは−−。

▽前菜「サーモンのマリネ」
▽サラダ「トマトと季節の野菜のセビーチェ」
▽野菜のスープオリエンタル風
▽魚料理「ニベの白ワイン風味オリーブ添えサフラン風味」
▽肉料理「鶏ロールのローストじゃがいものピューレ」
▽デザート「さつま芋ブリュレ」「リ・オレ」「フランボワーズのムースケーキ」「季節のフルーツ盛り合わせ」
▽パン

 生徒全員で前日に料理の仕込み、当日は会場セッティングを行い、開店時には分かれてサービスや調理を担当。遅れたお客さんにも温かいスープを提供するなど柔軟で丁寧な仕事をした。

 料理の各担当者が「前菜はヘベスの皮を入れて風味が出るようにしました。さっぱり食べられると思います」などと具材や調理法を説明。お客さんは、北浦産ニベなど県産食材21種類を用いて工夫や手間をかけた料理に「おいしいね」と話しながら味わっていた。

 また、同校音楽専攻生によるアカペラやクラリネット四重奏の演奏もあった。4人で来場した那須三重子さんは「想像以上の料理で、おいしかった。歌もよかったですね」と笑顔。

 スープを担当した矢山浩太郎君は「自分のできることを精いっぱいして、お客さんに喜んでもらえるように頑張りました」、前菜や接客などを担当した尾まどかさんは「親が当選して料理を食べてもらえたのがうれしかった。人との触れ合い方などを学べていい経験でした」と話した。

 3年生は来年1月、集大成となる卒業料理作品展を行う。矢山君は「3年間学んだ技術を精いっぱい発揮します」、尾さんは「3年間の感謝と頑張りを見ていただきたい」と意気込みを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top