【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「西郷どん」ちなみ史跡巡り

本紙掲載日:2017-11-30
2面
西郷隆盛の宿陣地となった山内善吉家跡で説明を受ける子どもたち

西階地区青少協−地元の歴史文化を再確認

 延岡市の西階地区青少年育成連絡協議会(峯田克明会長)は11月25日、西階中学校校区の小中学生を対象に第3回南方地区探索会を行った。今回は来春放送のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」にちなんで、西南戦争で延岡隊の奮戦地となった野田町の天下橋東側や、大貫町の西郷隆盛宿陣跡など地区内7カ所の史跡を2班に分けて巡った。

 子どもたちに地元の歴史や文化への理解を深めてもらおうと平成27年から行っており、今回はこれまでで最多となる約130人の親子連れが参加した。

 天下橋東側の野田神社では、天下町の後藤徹一さんが、西南戦争の概要について話したほか「今から140年前の明治10年8月14日、熊本から敗走してきた西郷軍の延岡隊は40人ほどに減っていました。ここで天下町から小峰町にかけて政府軍に包囲された上、本隊が北川に移動したことを知らなかったために延岡隊は降伏しました。後日、西郷軍は和田越の決戦を迎えますが、延岡隊にとってはここが最後の負け戦になりました」などと説明した。

 また、大貫町の山内善吉邸跡では「西階中おやじ会」の尾方農一さんが解説。建物はすでにないが「この地山内善吉家跡西郷隆盛宿陣址(し)」の標柱が残っており、「山内さんは当時、この辺りの地主でした。西郷さんが延岡で最初に入った宿陣地で、ここで8泊しました。西郷さんが犬を連れて散歩したという話も残っています。また、延岡最後の宿陣地となった北川町俵野の民家は西郷記念館になっています。当時の様子も再現されているので、ぜひ行ってみてください」と呼び掛けた。

 子どもたちは、ほかにも西階城址や南方古墳郡の石棺、平安時代に公用の馬を常駐させた「川辺駅」、延岡の郷土玩具「のぼり猿」の制作所など身近な場所を訪ね歩き、地元の歴史や文化を再確認した。

 このうち、吉本葉月さん(中1)は「身近な公園に石棺があるのを知ったのは新しい発見でした。西郷さんのエピソードを知ることもできたので、ドラマを観るのが楽しみになりました」。田中佑真君(小6)は「西階に古墳があるのを初めて知りました。きれいでした。初めての参加で歩くのはちょっと疲れたけど、楽しかった。来年も参加したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top