【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
IoTと道路愛護功労者表彰
本紙掲載日:2017-11-29
4面

IoTシステム導入と道路愛護功労者表彰を受けて開いたサン・ルームの記念祝賀会
あいさつするサン・ルームの佐藤勝造社長

サン・ルームが記念の祝賀会−延岡

 訪問入浴介護や居宅支援事業を宮崎、大分の両県で行っているサン・ルーム(本社・延岡市平田町、佐藤勝造社長)は26日、同市祇園町のキャトルセゾン・マツイで、IoTシステム導入と道路愛護功労者表彰を受けた記念の祝賀会を開いた。

 同社は平成8年10月設立。県内は延岡、日向、宮崎市と西臼杵の4カ所、大分県では佐伯市と豊後大野市の2カ所に営業所を設け、訪問入浴介護事業を行っているほか、宮崎県内の6カ所でデイサービス事業を、1カ所で有料老人ホーム事業を行っている。

 IoT(モノのインターネット)システムは、職員同士の情報共有の迅速化を目的に導入した。利用者宅を訪問する職員が端末を持ち、情報をシステム上に上げることで、関係者がすぐに情報を共有できる。また、過去の情報を容易に閲覧できる。

 道路愛護に関する表彰は、延岡営業所が日本道路協会の「道路功労者表彰」と延岡市の「道路愛護功労者表彰」の両方を受けた。平成21年以降、職員の自主活動として同市松山町の同営業所前の国道218号で、清掃活動や花の植栽を続けていることが高く評価された。

 祝賀会には、健康福祉の関係者と職員計208人が出席した。佐藤社長はあいさつの中で「訪問入浴事業は『採算が合わない』と多くの事業者が撤退していったが、通所できない人のための大切な事業。期待を裏切らないように頑張っていこう」と呼び掛けた。道路愛護表彰については頬を緩めて「突然のプレゼントだった。今後も続けていこう」と話した。