【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

油が流出…水質事故想定し訓練

本紙掲載日:2017-11-29
3面
ボートに乗ってオイルフェンスを張る訓練(古川ひ門付近の五ケ瀬川)

五ケ瀬川水系水質汚濁防止協

 五ケ瀬川流域の行政機関で組織する「五ケ瀬川水系水質汚濁防止連絡協議会」は11月28日、油の流出を想定した水質事故現地対策訓練を松山川と五ケ瀬川が合流する古川ひ門付近で実施した。

 国土交通省延岡河川国道事務所と県延岡土木事務所、西臼杵支庁、延岡保健所、高千穂保健所、東臼杵農林振興局、延岡市、西臼杵広域行政事務組合消防本部、日之影町、高千穂町、熊本県の阿蘇地域振興局、上益城地域振興局、大分県の佐伯土木事務所の職員約30人が参加した。

 訓練に先立ち、協議会幹事長の川元壊二河川国道事務所副所長が、今年度発生した水質事故の件数や概要を報告、その上で「五ケ瀬川は一級河川水質調査で4年連続トップクラスの水質を記録している。良好な水質を保持するためには関係各機関の皆さんと一体となった活動が重要。今後ともより一層の協力をお願いしたい」とあいさつ。

 国交省職員が過去の水質事故発生状況や流出事故対策マニュアルなどを説明したのに続き、消防署員らの手ほどきで「巻き結び」と「もやい結び」と呼ばれるロープワークを練習。直径1センチほどの縄を使い、強固で外れにくいロープの結び方を学んだ。

 この後、「五ケ瀬川に油が流出した」と想定して対策訓練が行われ、「早急に流出を止める」「拡散を防止し、吸着回収する」という対策法に基づき、オイルフェンスを水中に張って油の流出を防止、油を吸い取る一辺50センチのオイルマットを素早く敷き詰めた。関係機関の職員は日ごろから事故を想定して連携を取っており、手際よく作業をこなした。

 同協議会は、五ケ瀬川水系の水質汚濁防止などを目的に昭和49年に発足。宮崎、熊本、大分3県、2市4町1組合(7機関)、国(1機関)が会員となり、河川浄化活動や水質に関する情報交換などに努めている。

その他の記事/過去の記事
page-top