【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

開館15周年記念−リレーおはなし会

本紙掲載日:2017-11-27
6面
元気いっぱいに「へんしんコンサート」を披露する、あおばぶっくのメンバー

門川町立図書館で4団体

 門川町立図書館(松田朝子館長)の開館15周年記念イベント「としょかんまるごとリレーおはなし会」が11月26日、同館で行われ、多くの親子連れでにぎわった。

 町内の「あおばぶっく」(西門川小・中)、「どんぐりの会」(草川小)、「ワンピース」(門川小)、「くれよん」(町立図書館)の読み聞かせボランティア4団体が出演。大型絵本や紙芝居、パネルシアターなどでリレー形式で絵本の読み聞かせを次々と披露した。

 このうち「あおばぶっく」は、西門川小校庭のセンダンの木にフクロウの仲間「アオバズク」が子育てにやって来ることから、「アオバズク」と「BOOK(=ブック本)」にちなんでネーミングしたことを紹介。「ふくろうとにわとり」やリズミカルな「へんしんコンサート」などの読み聞かせを行い、子どもたちは彩り豊かな絵本の世界に入り込んでいた。

 読み聞かせリレーの後は、フリーアナウンサーの横山美和さん(宮崎市出身)が特別ゲストとして出演。ベーシストの坂元陽太さん(都城市出身)の演奏で絵本の読み聞かせや朗読を行い、プロならではの話術を展開した。

 冒頭あいさつに立った松田館長は「開館から15年たち、このように少しずつ大きくできたのは、町民の皆さんが利用していただき、愛してくださったからと感謝しています」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top