【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

勝利への執念で有終の美−南方小

本紙掲載日:2017-11-25
9面
【決勝・南方小クラブ―岡富クラブ】南方小クラブは7回、瀧本が三塁線を破る2点打を放つ。3走(背番号4)は坂元
好投した南方小クラブ先発の黒木

学童野球送別大会・球音

◆ナイン奮闘見せた集大成

 南方小クラブが勝利への執念で有終の美を飾った。柴田秀作監督は「最高の形で締めくくってくれた」とナインの奮闘ぶりに感心した。

 8月の全国大会に出場するなどシーズンを通して結果を残してきたチーム。それでも「接戦で数大会を落とした」と指揮官。最後の最後にその〃課題〃を克服、集大成を披露した。

 2点のリードを一気に追い付かれた直後の最終回の攻撃。先頭矢北翔己が相手投手を揺さぶって四球で出塁すると、坂元凌太朗の左前打、主将の柴田嵐の死球で無死満塁。松本大希の内野ゴロに敵失が絡み1点を奪うと、自らの暴投で2点目を献上してしまった瀧本翔が打席へ。

 「(同点にされた六回の守備が終わって)ベンチに帰ったらみんなが励ましてくれて、切り替えることができた。倍返しするつもりだった」。三塁線を破った打球は優勝を大きくたぐり寄せる2点打に。きっちり汚名を返上し、塁上で右拳を何度も上げた。

 「絶対にこの大会は取るぞ」。試合前に交わした柴田監督との約束を果たし、今季4回目の頂点に立った選手たち。瀧本は「すごくうれしい」、柴田も「追い付かれてもあきらめない気持ちをみんなで持って戦えた。悔いの残らない試合ができた」と笑顔がはじけた。

 歓喜する子どもたちを見てうれしそうでもあり、感慨深そうでもあった柴田監督は「最高だった。プロ野球を目指している子がたくさんいる。それを夢で終わりにするのではなく本気で目指してほしい」。卒部する6年生の今後にさらなる期待を寄せた。


◇悔い残らないよう全力−黒木陽琉
(主戦左腕。五回まで投げて1安打無失点)
「最後なので悔いが残らないように全力だった。調子も良くて球もきていた。抑えられて良かった。中学ではもっといい投手になって活躍したい」


◇心の準備できていた−松本
(六回1死一、三塁から登板し無安打無失点。打者4人で片付ける)
「監督に事前に言われていたので、心の準備はできていた。甘い球だけは投げないようにと意識した。優勝できてうれしい」

その他の記事/過去の記事
page-top