【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2017-11-24
6面

 延岡市岡富中学校2年の城後真緒さんと河野晃弥君が11月15、16日、同市大貫町の夕刊デイリー新聞社で職場体験学習を行い、記者として同市の秋の風物詩「あゆやな」を取材するなどしました。2人の感想文を紹介します。


◆延岡市岡富中学校2年・城後真緒

 私は、新聞を最初から最後までしっかり読んだことが今までありませんでした。しかし、今回の職場体験で実際に新聞を作る側に立ってみて新聞の大切さを実感しました。

 取材ではメモを取るのに必死でした。記事を書くときは、どうやったらうまく読者に伝わるか試行錯誤しました。他にも、新聞印刷の現場を見学したり、ラジオの雰囲気を体験したりなど、たった2日間でしたが、普通では絶対できないような体験をたくさんしました。

 こうした体験をして新聞のことを知るうちに、普段何気なく読んでいた新聞には、たくさんの人が関わっていて、たくさんの人の思いが詰まっているということを感じました。それと同時に、今までしっかり新聞を読まなかったことが申し訳なく思いました。

 今後、さらに新聞を読む機会が増えると思います。これから新聞を読むときは、感謝の気持ちを持って読みたいです。


◆延岡市岡富中学校2年・河野晃弥

 今回、2日間の職場体験を通して思ったことは、仕事はチームスポーツとよく似ているということです。

 チームスポーツでは、違うポジションの人とも連携し合い得点を狙っていくように、仕事でもさまざまな役割の人たちが連携し、一つのものを生み出していくため日頃から協力し合っていると感じました。

 私も将来働き始めたときには、周りの人との協力を忘れず「素晴らしい」と心から思うことができるものを生み出していけるように、今のうちからいろんな人たちとコミュニケーションを取る練習をして、目の前の物事に対して真剣に取り組み努力できるように頑張りたいと思います。

 今回の職場体験でこのことに気づかせてもらいました。さらに、こんなに新聞を作るのが大変だということを教えてもらい、また一つ成長することができました。

その他の記事/過去の記事
page-top