【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

吉田病院を指定−県認知症疾患医療センター

本紙掲載日:2017-11-23
3面
認知症疾患医療センターに指定された吉田病院(延岡市松原町)

保健医療、介護・地域連携の拠点に

 延岡市松原町の吉田病院(吉田建世院長)が、新たに県の認知症疾患医療センター(富田精一郎センター長)に指定された。日向市財光寺の協和病院など3センターに続き、県内全体では5カ所となった。

 同センターは認知症疾患の専門医療機関であるとともに、保健医療・介護機関などとの地域連携の拠点となる。

 CT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴画像装置)、脳血流を診るSPECT(単一光子放射断層撮影装置)を完備。認知症に関する鑑別診断とその初期対応、周辺症状と身体合併症の急性期治療に関する対応、電話や面談による専門医療相談などを実施する。

 併せて、医療機関や保健所、福祉事務所、地域包括支援センター、初期集中支援チームなどと連携。それらの機関に研修も行い、認知症の早期発見から進行予防、入院対応、地域生活の維持まで、必要となる医療を提供できる機能体制の構築を担う。

 政府は8年後の2025年度までを対象とする認知症対策の国家戦略(新オレンジプラン)で、全国500カ所を目標として認知症疾患医療センターの指定を推進。今年3月末までに375カ所が指定されている。

 複数の市町村で構成され入院治療などの一般的な医療を提供する「2次医療圏」に少なくとも1カ所設けることを目標としており、県は平成23年の3医療機関に続き、10月1日付で吉田病院と県南病院(串間市)を新たに指定した。

 センター指定を受け、吉田病院は「地域における認知症疾患医療の拠点として、他の医療機関、介護福祉施設と連携し、質の高い診療と情報を提供してまいります。一人で悩まずご相談ください」と話している。

 診療は予約制で月〜金曜の午前8時30分〜午後3時30分。予約受け付けは月〜土曜の午前9時〜午後4時。問い合わせは吉田病院(電話延岡37・0126)。

その他の記事/過去の記事
page-top