【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界のサーフタウンへ

本紙掲載日:2017-11-23
1面
サーフタウン日向基本構想で実現を目指す海岸のイメージ図

日向市が基本構想策定

◆交流・移住人口の拡大など目指す

 サーフィンを核としたまちづくりに取り組む日向市は、優れた自然環境を生かして地域活性化を図ろうと、海岸の環境整備の指針となる「サーフタウン日向基本構想」を策定した。サーフィン客の利用環境の充実や新たなビーチレジャーの展開など、ソフトとハードの両面から48の振興施策を盛り込み、交流・移住人口の拡大や観光消費額の増加など目指す。

 策定会議の委員は、観光や商工団体、サーフィン関係者など約20人。2月に設立し会議を重ね、同構想をまとめた。

 基本目標は「世界から人が集まるサーフィンのメッカ日向」「思い思いに日豊海岸を楽しめる私流リラックスタウン」「食、文化、自然、人を活(い)かしたオール日向でリラックス」「市全体でリラックスサーフタウン日向を実現していくチームづくり」の四つ。

 ソフト施策に取り組む「リーディングプロジェクト」では、サーフィン関係の旅行企画の充実、サーフィン以外も楽しめるビーチやマリンレジャー環境の提供、日向でしか味わえない食の開発など行う。

 ハード整備を進める「ビーチスポットプロジェクト」は、南北約4キロの砂浜があるお倉ケ浜海岸を想定。新たな駐車場やビーチハウス、休憩場所、イベント広場の整備、飲食店やカフェなど民間企業の誘致、ビーチスポーツの用具貸し出しなどを検討する。

 平成28年5月に県が公表した経済効果等調査結果によると、日向の海には県外客が多く来ているものの、観光消費額の推計は、宮崎市木崎浜の6万383円に比べ1万7827円と少ない。策定した構想はこうした現状を踏まえ、サーフィン以外のビーチ利用客の掘り起こしなど図る狙いがある。

 清水邦彦商工観光部長は「今後は基本計画を作り、優先順位を考えながら国や県の事業を取り込んで、実現化に向けて進めていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top