【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

こども赤十字が歌や踊り

本紙掲載日:2017-11-22
7面
練習の成果を披露する園児たち
園児たちの熱演に拍手を送る赤十字奉仕団の人たち

延岡市赤十字奉仕団と交流

 延岡市赤十字奉仕団(西村妙子委員長)と、こども赤十字の交流会は17日、市社会福祉センターであり、保育園児たちがかわいらしいダンスや歌を披露した。

 西村委員長は開会式で「交流できることを幸せに思っています。園児たちが大人になったときに、社会の陰の力となって奉仕できる人に育ってくれることを願っています」とあいさつ。

 杉本隆晴副市長、柳田泰宏社会福祉協議会会長、柳田俊治日赤宮崎支部事務局長が来賓あいさつを述べ、赤十字活動の進展に期待を寄せた。

 北浦分団の河野美都江さんのリードで「赤十字の旗」と赤十字奉仕団の「信条」を朗読。つのだ保育園、わかたけ保育園、こすもす保育園、ゆりかごWEC学院の園児たちが、こども赤十字の歌「空は世界へ」を斉唱した。

 続いて「わたしたちは、少年赤十字の一員として心と体を丈夫にし、人のため、世の中のため、日本と世界のために尽くすことを誓います」と誓いの言葉を元気に唱和した。

 ステージは、つのだ保育園の「YMCA・ミニオンダンス」「スージー体操」で幕開け。わかたけ保育園の園児は「ソイヤまとい節」「わかたけの風」、こすもす保育園は「とんぼのめがね」「ソーラン節」、ゆりかごWEC学院の園児は組体操のほか、「どんぐりころころ」「ちいさいあきみつけた」を歌った。

 どの園児も元気いっぱいに歌やダンスを熱演。奉仕団の人たちは「かわいい」と目を細め、大きな拍手を送っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top