【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市だけの婚姻届

本紙掲載日:2017-11-22
3面
記者会見でデコレーションを施したオリジナル婚姻届を手にする同会関係者
オリジナル婚姻届。ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメなどを描いている

いい夫婦の日、11月22日から配布

◆延岡日向ウエディング協議会が作成

 11月22日の語呂合わせで「いい夫婦」の日の11月22日、延岡日向ウエディング協議会(志多充吉理事長)が「延岡市ご当地オリジナル婚姻届」を作成し、同市別府町のマリエールオークパインで発表した。11月22日午後から同市役所、結婚式場などで配布されている。

 同協議会は近年、籍を入れるが結婚式を挙げない「無(な)し婚」が全国的に増えていること、少子高齢化に伴い人口減少が日本全体を取り巻く問題であることを懸念。

 宮崎の高校生の県外就職率が高く世帯数が増えないことを背景として、産まれ育った地域で子どもを産み育ててほしいという願いから婚姻届という手段を講じたという。

 今回作成したご当地オリジナル婚姻届は、延岡の特色を生かした2種類。複写式になっており、1枚目は管轄の役所に提出する分で2枚目が手元に残す記念用のオリジナル婚姻届。

 1種類は、ニニギノミコトとコノハナサクヤ姫の愛宕山での出会いの他、同市のシンボルである「のぼりざる」、夫婦が寄り添って歩いていくことを表したアユが色彩豊かに描かれている。

 もう1種類は、赤と白の2色ずりで延岡の町並みをイメージ。二人の門出を祝うかのように空に向かう風船や市の花「カンナ」、のぼりざるが描かれている。

 また、オリジナル婚姻届には余白があり、二人で自由に写真やメッセージなどが記入できるようになっている。サンプルが市内の挙式場に置いてある。

 同協議会は、発足当時からオリジナル婚姻届を計画。今回は同市に特化しているが、来年は日向市のオリジナル婚姻届を作成予定。

 志多理事長は「夫婦生活には試練がいくつもあると思う。そういったときに取り出して、書いた当時の文字や緊張感を思い出してほしい。この地で結婚式を挙げてもらい、この地で子どもを育てて、愛のある家庭を築いてもらいたい。ぜひとも婚姻届に記載して記念に保管してください」と呼びかけた。

その他の記事/過去の記事
page-top