【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2匹の大蛇巻き上げる−田代大祭

本紙掲載日:2017-11-21
2面
最大の山場「綱入れ」

息切らし「綱入れ」−美郷町西郷

 美郷町西郷の年の神神社で11月17〜19日、田代大祭があった。若宮神楽保存会(川口元衛会長、25人)や地元の田代小学校(永田和久校長、70人)児童による神楽の奉納、厄年の地元男性によるみこし巡行などを通し、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を感謝し、来年の加護を祈った。

 同大祭は17日夜の「よどの晩」、神を迎え入れる祭場「御神屋(みこや)」を清める舞で始まった。18日深夜に迎えた最大の山場「綱入れ」は、稲わらで作られた雌雄2匹の大蛇を巻き上げ、天に昇る様子を表現する神楽の一種で、各地を回ったみこしが神社に到着した後に行われた。

 疫病や悪魔を退散させる意味を持つ太刀2本の舞が奉納される中、厄年の男性らが担いだ大蛇が乱入。御神屋がいっぱいになるほどの人がすさまじい勢いで駆け回り、息を切らしながら約5分間かけて2匹を巻き上げた。

 担ぎ手が外に放り出されたり巻き込まれたりする危険も含むことから、「蛇巻き」や「蛇のけんか」とも呼ばれ、雄の頭が高く上がると世情が安定し好景気になり、雌の頭が高く上がると来年の豊作が約束されるという。

 最終日の19日は、田代小5、6年生17人が笛、太鼓、舞手に分かれて奉納。伝統文化の継承を目的に約2カ月間練習した成果を披露した。

その他の記事/過去の記事
page-top