【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中竹君(日知屋東小5年)民謡全国大会で優勝

本紙掲載日:2017-11-21
2面
民謡の全国大会で優勝し市長室を訪れた中竹君

次は県内制覇へ

 10月にさいたま市で開かれた「第57回日本郷土民謡少年少女全国大会」で、日向市日知屋東小5年の中竹奏翔君(11)がグランプリ大賞を受賞した。16日に市長室を訪れ十屋幸平市長に報告。「結果を聞いて言葉が出なかった。信じられない気持ちとうれしい気持ちでいっぱい」などと喜びを語った。

 中竹君は、民謡を習い始めた祖母に連れられ、小学1年の時に「民謡大月会」に入った。すぐに頭角を現し、その年に諸塚駄賃つけ唄で優勝。これまでに県内八つの民謡全国大会のうち七つで頂点に立っている。
全国大会には、宮崎市で4月に行われた南九州大会を優勝しブロック代表として出場した。全国では14人が競い、中竹君は得意の日向木挽(こびき)唄で勝負。1番を歌い終えるとすぐに会場から拍手が起こり、3点近い差を付けて2位を圧倒した。

 日ごろ指導する大月会会主の竹中稔風さん(73)は「もちろん本人の努力があってこそだが、とにかく素質が高い」と評価。市長室では日向木挽唄を披露し、出席した関係者も「すごい」と拍手し、優勝を祝った。

 県内の民謡全国大会のうち、優勝していないのは高千穂の「刈干切唄」だけ。中竹君は「今年は準優勝だった。来年は優勝して県内の民謡全部を制覇したい」と意気込んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top