【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

舞台は間違いなく県北−宮さん

本紙掲載日:2017-11-21
3面
宮照雄さん

理系学者の視点で神話解析

◆出版記念−延岡で上下編連続講座

 天孫ニニギノミコトから山幸彦、ウガヤフキアエズの日向三代、そしてフキアエズの子、カムヤマトイワレビコ(神武天皇)のいずれもが実在し、その舞台は高千穂、延岡、日向だった−−。独自の説を展開する三重大学名誉教授(水産学部)宮照雄さん=三重県鈴鹿市在住=の出版記念講演会が11月18、19日、延岡市のカルチャープラザのべおかで開催された。前後編の2回に分けての連続講座に多くの人が会場を訪れ、宮説に聞き入った。

 宮さんは水族病理学が専門。魚の病気を40年間にわたって研究してきた。その理系学者の視点から記紀を解析。神武歌謡(記紀に残る神武が詠んだとされる謡)にある「久治良(くじら)障(さや)る…」の「久治良」は、文系学者は鳥に見立てて「鷹(くじ)ら」としているが、「これはそのままクジラと解釈すればよい」と断言するなどと主張している。

 宮さんがニニギノミコトと見立てているのは鉅奴国(くなこく、狗奴国)王の卑弥弓呼(ひみくこ)の子、クコチヒコ(菊池彦)。狗奴国は奴国の分国で、菊池川の流域にあったとする。講演ではニニギの天孫降臨など、要点を駆け足で説明した。

 宮説によると−−、狗奴国を出たニニギは阿蘇の住人であった猿田彦の案内で狗奴国の領域だった阿蘇を通り高千穂に天降った。その日が248年9月5日。皆既日食のあった朝だった。

 その後、五ケ瀬川沿いに沿って吾田(あた、延岡)に入った。日本書紀によると、ニニギは、「阿多笠沙(かささ)の御崎(みさき)がある長屋の竹嶋に登って、波穂の上に建つ八尋の御殿で手の玉飾りきらきらと機織りをする大山祇神(おおやまつみのかみ)の子、神吾田鹿葦津姫(かむあたかしつひめ、またの名をコノハナサクヤヒメ)に出会う」。

 吾田の長屋とは地名ではなく半島のこと。竹嶋は愛宕山でその先端が笠沙の岬。「日向の橘の小門(おど)の阿波岐原」も日当たりの良い橘のたくさん生えた港(小門)のこと。小門とは、河口に突き出た中州のあるところ。文系学者のように地名と考えてはいけない。

 ニニギが「この地は(略)笠沙の岬に真っ直ぐ通じ、朝日がただ刺す国」と言ったのは吾田のこと。「ただ刺す」とは真東から太陽が昇ることでそれも秋分の日のこと。間違いなく、ニニギは天下の高千穂の宮に住み、コノハナサクヤヒメと吾田で出会った。

 ニニギの子、山幸彦の妻、豊玉姫はウガヤフキアエズをもうける場面に記紀では、「八尋の和邇(わに)」が出てくる。この和邇について文系学者はワニなのか、サメなのか論争をするが、卵を産むワニではない。サメ(胎生種と卵胎生種がある)は出産をして、多産であることを知っていたから、安産の象徴とした。つまり、サメの出産を表現することで、「豊玉姫の安産を予祝した」。

 ニニギの陵は可愛岳であり、可愛岳そのものが依代、墓標のようになっている。山幸彦は日本書紀に「日向の高屋山上陵」に眠るとある。その場所は北川の奥にある神さん山。巨岩が支え合って岩屋を形成しているこの山と見てよい−−などと話した。

 前後編、2日間の講演でも自説を説明するには時間が足りず、「またぜひ、呼んでいただきたい」とリクエストするほどだった。

 出版した本は、宮説を分かりやすくまとめた「日向国の神々の聖蹟(せいせき)巡礼・記紀神話は日本の古代史を物語る」(千円、発行者・スピリチュアルひむか観光協議会)。

 宮さんは全国邪馬台国連絡協議会の第2回全国大会論文募集受賞論文に「神武は鯨を見たか?神武東征と神武歌謡を考える」で最優秀論文賞を受賞。審査員長から、従来の論争に一石を投じるものであり、その斬新性が高く評価される」と絶賛された。


講演会には多くの人が参加して聞き入った
その他の記事/過去の記事
page-top